地の富天の富

ステンドグラスと聖書の画像
スピリチュアルブログ - 天空の庭先

カラスは自分の巣に光る物をあつめる習性があると子供の頃本やテレビで知りました。
巣には針金やガラス玉や金属片など様々な光る物があつめられ時折宝石のような高価な物も混ざってたりするとか(笑)ですがカラスがあつめる光り物など我々人間から見たらほとんどがガラクタです。
でもカラスは光る物が好きなので、我々にとってガラクタでもカラスにとってはきっと大切なものなのでしょう。

PR

 

死者がこの世に残す物

先月祖母が亡くなりました。
未だに祖母の荷物などの片づけが終わりません。
長い年月に沢山のものを集めたものです。
綺麗な柄の食器、沢山の洋服、身を飾るもの、部屋を飾る小物。

俺にとっては無価値に思える物でも祖母にとってはきっと大切な物だったに違いないのです。

家で使えるものは残し、リサイクルに出せる物は全て出し、引き取り手が無い物はゴミとなりました。

自分の部屋にも画集だの解説書だの沢山あります。
このパソコンはとても高性能なものですが、興味の無い人間にとってはきっとただのガラクタです。

カラスが集めるそれと同じです。

 

本当に価値のあるものとは?

我々の魂であったり高次の存在から見れば、我々人間が身の回りに集める物は無価値な物ばかりです。
衣類、お金、住む場所でさえ極論で言えば無価値なガラクタに過ぎません。

カラスが集めるガラクタの中には宝石が混ざってましたが我々人間があつめるもののなかには何か価値のある物が混ざってたりするのでしょうか?

我々の魂や高次の存在達にとっての宝石とは愛です。

愛こそが一体に通じる道だからです。

人は欲望の連鎖、欲望の螺旋から少しずつでも離脱していかなければなりません。
今の時代では良い心も犠牲的な精神もあっという間に食い尽くされてしまいます。
だから賢くあらねばなりません。

蛇のように賢く、鳩のように素直にとは
羊が狼の皮を被ってこの時代を生きる為の智恵なのかもしれません。

死した後に自分が何を地上に残すのか。

死した後に自分が天に何を持って行けるのか。

狼の皮をかぶったからと言って狼にならないように。
良い心や祈りの言葉、沢山の愛情ある言葉や行動によって本当に価値のあるものを自分に蓄えられたら良いですね♪

本当に価値のあるものにこそ価値を見いだせる世の中になると良いなと思います。

創造(神)より生まれた全ての存在に光が降り注ぎますように。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

285,215 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. カンナ2

    こんにちは?♪
    私の母も一部屋全部に物を溜め込んでいて、亡くなった後
    片付けるのが大変でした(T▽T)
    死んだら持っていけないに何でこんなに・・・と泣きながら
    処分したのを覚えてます。。
    そのせいか、私は部屋に物が溜まっていくのがものすごく嫌で
    恐怖すら感じます(笑)
    おかげで、いつでも我が家はキレイです☆
    死んでも持っていけるものを魂に蓄えたいですね?。

  2. 巽屋

    私が死んだら、処分するものが多くて、親族が大変ですよぉ(笑)
    その分の、保険金加味してある位ですから(-_-;)
    色々なモノに、執着して、それを抱え込んで。。。でも、死んだ後は、ガラクタなんですよね。
    夫の遺品なんて、私が死んだら、何の価値もありませんもん。
    分かっちゃいるけど。。。とりあえず、腐海の森の構成物質は、処分頑張ってます。。。何があっても良いように、身辺整理(笑)

  3. 「蛇のように賢く、鳩のように素直にとは
    羊が狼の皮を被ってこの時代を生きる為の智恵なのかも
    しれません。」
    んん??、何かグサッ!!  私には蛇のような賢さがまるでナィですね。 妊娠した事もピンチとは全く思わず、やった?♪ でしたから、イタィですね。
    たぶん、このまま私は人に騙されても気付かないか「まいっか。」で反省しなぃ人生を笑ってこのまま生きてそぅなんで、自分がちょっと怖くなりました・・・。
    被害者ぶって相手を憎むと、自分の愚かさにも反省できるんですけど、プラスに考え過ぎなのもどぅかと思いますね。  ちょっと反省しました。。。

  4. みい

    こんにちは☆
    私が今の住処に引っ越す時、部屋に置くモノは必要最小限にしよう、と思って
    本当に必要最小限にして、殺風景なお部屋でした。
    でも1年以上たった今、少しずつモノが増えています。
    たとえば大切な方からいただいたもの、自分の描いた絵、合気道のお免状・・・。
    部屋が散らかるからと言って捨てられないものばかりです。
    それは、きっと・・・生きているということなのでしょうね。
    生きてきた、証・・・。
    カラスだけでなく、人間も光輝くものが好きだったりしますよね♪
    特に女性は(笑)
    キラキラした宝石はもちろん(これは男性には理解できないようですね)
    星の輝き、光の当たった湖・・・・。
    そして、キラキラとした綺麗な心。
    私も女性なので、キラキラとしたアクセサリーに惹かれます。
    そのキラキラしたものを身に着けていると、自分までもがキラキラと輝く存在になれているような気になるんですよ(笑)
    そのキラキラを見続けていると、心までキラキラしてきます(その気になっているだけ)♪
    私は今まで〔光〕という漢字は特に好きではなかったんです。
    でも、今は〔光〕という漢字も好きですし、その〔光〕を私に与えてくれた両親や祖父にとても感謝しています♪
    光を与えてくださったのだから、私自身も光輝く存在でいたい、そう思います。
    そう思えるようになったのは、ウリエルさんが綴っている日記を読んだから、だと思います☆
    いつもたくさんの方にメッセージをありがとうございます。

  5. ☆ウリエル☆

    カンナ2さんこんにちわー♪
    我が家も父の時と祖母の時と、人は生きている
    間に色んな物を使ったりあつめたりたくさんの
    物に囲まれて生きているのだなぁと思いましたよ、
    ウリエルの部屋もまあまあ物が有りますよ(笑)
    年を取って仕事をする必要が無くなったら
    物を減らそうかと思います♪
    死ぬときには物質的にも精神的にもシンプルに
    美しくありたいものです♪

  6. ☆ウリエル☆

    巽屋さんこんにちわ♪
    巽屋さんに限らず人はみんな色んな物を蓄えて
    いますよ♪ 物を集めること自体に悪いことは
    無いと思います♪ ただ自分の心が何処にあるのか
    といった部分には深い意味があるかもですね、
    例えば無用な物を必要以上に集めてしまうとか
    です、うちの父は一生分より余りある量の靴とか
    洋服を持っていましたし(笑)
    何事も適度が良いかと♪

  7. ☆ウリエル☆

    ハイパーロゼンナポ。さんこんにちわ♪
    人を傷つけるぐらいなら自分が傷付く
    方がまだ良いです。
    しかし無垢さや素直さ、優しさなどもですが悪に
    利用される事はやはり有りますよね。
    これはたとえ話ですが、部屋の目に付く場所に
    お金を置いてたとして、それを信頼してた友人が
    盗んでしまったとします、勿論盗んだ人の罪です。
    ですが不用意にお金を置かなければ友人が悪への
    誘惑に駆られないで済んだのも事実です。
    良い心を悪く使われないためには素直なだけでは
    なく賢さも大切なのです。
    素直で純粋な心、それを守るための賢さ
    バランス良く持って生きていけるとよいですね♪
    ウリエルも失敗の積み重ねでちょっとずつマシな
    自分になってきました、優しさも強さも育って
    いくのですよ♪

  8. ☆ウリエル☆

    みいさんこんにちわ♪
    生きていたら色んな物が身の回りに溢れてきますね♪
    それが必要なうちは自分にとってそれは必要な物
    なので無理に無くす必要もないと思いますよ♪
    心の成長とともに物への依存や束縛も薄れます、
    そうなって自然と身の回りから不要な物が取り
    除かれ必要な物だけになるのが理想的と思います。
    キリストは弟子達に替えの着替えすら持つなと
    言いましたが究極的に精神が物質から解き放たれた
    なら何も必要無くなるのかもしれませんね♪
    マザーテレサも自分の物は限られた物だけでした。
    宇宙から地球を眺めると綺麗な心は宝石のように
    キラキラと輝くものらしいです、価値のある心で
    有りたいですね♪
    自分のような人間の言葉に耳を傾けてくれる人が
    居ることに感謝します♪
    誰かが祈るような気持ちを持ってくれることに
    感謝しています♪

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談