想念と念 – スピリチュアルとは 第13話

スピリチュアルとは

想念とは?

想念とは「想いえがくもの」です。
目に見えない気やエネルギーについてお話ししましたが、目に見えないエネルギーにはそれ以外にもたくさん種類があります。
中でも私たち自身に密接な関わりを持つのは「意識エネルギー」です。
「思考」「感情」「想い」私たちが日々心に想い描く考えや気持ち自体が精妙なエネルギーなんです。
そして想念とは、そういった私たちが普段から心に思い描くものが集まって蓄積し、エネルギーとなったもの「想いのエネルギー」です。
気やオーラもですが、この想念も、目には見えなくても物質としての属性も兼ね備えているので、現実世界の物や私たちに人間に影響を与えることができます。

PR

 

「想念」は、より物質に近づくと「念」になります

念じる、念を込める、感謝の念、これらは「念」を使った言葉です。
「虚仮(こけ)の一念岩をも通す」 これは絵空事でも一途に想い続ければ叶うという意味の言葉です。つまり想念エネルギーが蓄積し、より濃い状態、物質に近い状態になったものが「念」なのです。

こんな経験ありませんか? 友人と喧嘩になってとても攻撃力の高い言葉(酷い悪口)言われたときに何かが胸に突き刺さるような感じとか実際に痛みとして感じるようなこと。
それって相手を傷つけてやろうという想いのエネルギー「念」が言葉に宿っているからなんです。

相手の言葉が ズン! っと自分に打ち当たるときそれは相手の念が言葉と一緒に自分に打ち当たってる時です。念は 物質と精神 両方の属性を持っていますが、想念よりもより物質的です。

念は物や場所に宿る

念は物にもこもります。時間をかけて描いた絵と3分で描いた落書きの完成度の差は単にそれにかけた時間だけではなく、その物質にこもった念の大きさの違いでもあります。

心を込めた料理とそうでない料理の味の差もそれに振り向けられた「想いのエネルギー」つまり想念や念に大きく左右されます。
カップ麺やレトルト商品、大量生産された多くの食べ物には人の気や念がこもってないんです。たくさん食べてもあまり長い時間元気が続かないのはそのためです。

私たちの「想いのエネルギー」である想念や、それが念となったものは、見えないだけで対象に大きな影響を与えます。
カルマの法則でちらっと説明しましたが、自分がしたことの報いはよいことであれ悪いことであれ、自分自身に返ってきます。
だから、人を呪わば穴二つなんです。

悪い念送ったり悪い念込めたらだめですよ?(笑)
良い念を良いことに使いましょう♪

 


スピリチュアルとは 特集シリーズの一覧はこちら

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

284,327 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談