霊界 – あの世とこの世 霊的世界 第8話

霊界の実像とは?

霊界の下辺はメンタル界なんて言葉でも知られています。
霊界は一般的には死後の世界として語られる事の多い世界ですが、私たち生きた人間からしてみたらそのような認識になるかもしれませんが、霊界は死した人の魂があつまる場所と言うよりは、物質的な肉体を持つ必要の無い霊的な存在達や人間が死後、肉体を手放したときに帰ってくるホームみたいな場所です。
つまり、この世界にずっと暮らしている人も居ます。とても美しく砂らしい世界なのですが、まだまだ上の階層があるので、ここはまだ「天国」と言われるような場所とも違います。思考と想念の世界です。

PR

 

霊界(メンタル界)の景観

上の画像は私が体外離脱時に体験する幽界の印象や雰囲気を簡単な画像合成で再現したものです。 霊界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないとも思います。

霊界の印象に共通するのは、静かで心地よく何もかもが現実以上に明晰であるといったことです。霊界は5次元領域で、その下層はメンタル界などといった言葉で知られています。

世間一般で言われる霊界という言葉は、説明する人や、その宗教、思想に応じて結構違うと思いません?
それは、幽界と霊界と神界を一緒くたに「霊界」と説明している場合もありますし、 死後の世界すべてを霊界と説明している場合もあり、説明する人によって 領域の切り分けが異なることが多いからです。

目に見えない世界 = 霊界   死後の世界 = 霊界 といった感じです。

この世界も幽界と同様に物質世界と重なるように存在していて、幽界より、より精妙で高い波動のエネルギーをもつ世界です。
幽界(アストラル界)が感情的なエネルギーに基づき、ぐにゃっとした想念の世界であった事と比べると、この霊界(メンタル界)は思考的で、理性的でより整合された概念やエネルギーの世界です。
幽界(アストラル界)のエネルギーを肉と例えるなら、霊界(メンタル界)のエネルギーは骨のような感じですし、実際そうです。
この段階から徐々に、人間的な意識を超越した段階へと入っていきます。
この世界は明晰で、私たちの意識は、細胞ひとつにもフォーカス出来るほどの微細なコントロールが可能となっていきます。

物質界、幽界、霊界はそれぞれが互いに繋がり影響し合っています。

物質界と幽界はよく似ていましたが、霊界(メンタル界)の様相はだいぶ異なるように思います。 幽界(アストラル界)は物質よりは高次の世界でしたが、その性質上、混沌とした領域であると言えます。 霊界(メンタル界)は大天使的な存在や、力の影響力を観察する事が出来ます。本当の意味で高次世界と呼べるのは、この領域からであると思います。


関連記事

あの世とこの世の狭間

あの世 と この世 死後の世界を幽体離脱で体験! 

あの世、死んだ後に行く霊魂の世界。 此岸(現世)と彼岸(あの世)は仏教の言葉ですが、私達は最初に死後の世界を知るとき、「今生きているこの世界」と「死後...
8 comments
シリーズ一覧

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

111,188 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談