霊能力は難しい 愛は信じること

見守る気持ち

こんにちわ♪
ブログ機能を使って日記を書くのはなんだか久しぶりです。
ゴールデンウィークも後半戦に突入して、今日は息子を連れて母の家に遊びに行ってきました♪
妻と娘はお留守番です。
母と同居している兄は、今もって悪意ある霊能者とのトラブルが終わらないようでした。
簡単にお話しすると、私の母と同居している兄の職場にいる悪意ある霊能者が私の兄を呪いはじめたことがキッカケで、私の母と悪意ある霊能者の間で霊的な戦いになりました。
高次空間には距離の概念が存在しないため、ひとたび霊能者同士が戦いになれば、どちらかが去るか倒れるまで戦いは続きます。
私と同じく強い霊能力を持つ母が、悪意ある霊能者とのいざこざに倒れたのがもう3年ほど前になります。
詳しいことは 本物の霊能者は悪人が多い こちらの記事に書きました。


 

霊能者 VS 霊能者

悪意ある霊能者と私の母の戦いはかれこれ4年になります。
ずっと互いの力の削り合いですが、母は一度あいてからの呪いで病に倒れ、今も肉体的には常に疲労しています。
相手の悪意ある霊能者はというと、強力な霊能力をもつ相手でしたが力を削られ並の霊能者程度に力になり、精神的に疲労しています。
戦いはすでに決着していて、私の母の粘り勝ちですが、いつまでも手を引かない相手の霊能者から常に呪いが向けられるといった状況です。
相手の悪意ある霊能者は胸に持病があるという話を聞いているので、このままことが進めばいずれは倒れる日が来るでしょう。
そうなる前には手を引いてほしいものです。
今日、私が母宅に遊びに行った時にたまたま相手の霊能者からの呪いの想念が来ました。
私は右腕にしびれを感じ始めたので椅子にゆったりと腰をかけて目を瞑って祈り始めました。

兄:休みの日はいつもこの時間に呪いが向けられてくるんだよ。

母:この子(兄)に向けられる呪いを肩代わりするから身体がしんどくてね。

この戦いが長引いているのには母や兄の側にも原因があって、祈りや瞑想時以外の日常的な時間には、神や高次の存在ではなく呪いを向けてくる悪意在る霊能者に意識を向けてしまいます。
二人でそれをしてしまうために、いつまでたっても霊的な繋がりが切れないのです。まあ、職場に相手が居るという状況はまなり難しい状況なのかもしれませんが…
私の言葉で言うと、恋に落ちて相思相愛の男女も、戦いに陥った霊能者同士も、心の結びつきの度合いで言えば似たようなものなのです。
片時も忘れられずについつい相手のことを考えてします。


私は毎日祈っている四大天使への祈りを終え、

私:感じる?今天使がすぐそこに来ているよ。降りてくるエネルギーの量がさっきまでとは全然違うでしょ?相手のことや呪いや霊のことではなく、神や高次の存在に意識を向ければいつでも手助けをえられるよ。高次の世界には空間や距離の概念は無いから、いつでも手助けしてくれる存在たちは傍らに寄り添ってるよ。

私は母と兄に会うたびに毎回この話をします。
もう10年ちかく毎回同じ話を、あるいは似たような話をしています。

霊的なトラブルに顔を突っ込んでは苦しみを引き受けてしまう私の母に、以前は強い言い方をした事もありました。
結論、今の私が一方的に助けることは出来ない…
今は出来るだけゆっくりと笑顔で実践と共に話をするようにしています。

言葉にすると簡単なのですが、自分で気づいて自分の身にするしかないのです。


愛は信じること

きっと私にもあるのだろうなぁ、そう思っています。
私よりも霊的に優れた存在たちや、私が見つけられていない答えを持っている存在たちからみたら、「言葉にすれば簡単なことでも、まだ自分の身にできていないこと」がきっとたくさん。
過去世で到達していたレベルまで引き上げることは意外に簡単ですが、そこからさらに一歩の成長をするために人生の全てを捧げても足りないようなことがあります。

鳥が鳥として生まれて育ちやがて空を飛び、イルカがイルカとして生まれて海を泳ぐように、私たちは「自分」として生まれて「自分」の壁にぶつかり、自分にしか出来ないことをして生きていくのですから。

家に帰る途中、電車でうとうとしていたら声が聞こえました。
「愛は信じること、信じる愛が道をひらく」と…

わたしはいつもそんな声が聞こえると、「だれやねん!」と心の中でツッコミを入れるのですが(笑) 私を励ます声の主に感謝します。

私は、人間、人それぞれが打ち当たる壁を乗り越えられるように、信じて愛を持って語りかけ続けようと思います。
この天空の庭先においても♪

 

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. blankluna

    ウリエルさん ありがとうございます。
    愛は信じること 。 そうですよね。

    意識を向けるとつながってしまうし、
    勝手に 思い出してしまったりしても その度にシャットアウトしていかないと

    その流れで思い返してしまうと、また つながってしまいますよね。
    私も実感しましたが、
    意識がつながらないように、完璧にするのは
    時間がたっても なかなか 難しいことですね

    でも、愛は信じること。この言葉は 人に対しても言えますが わたしには今自分に対して
    響きました。
    「私にはできる」 信じること?愛は信じること。つまり、「神を信じること」。

    高次元に意識を向けます。いつでも。

    この記事を読んで
    愛は信じる事、とメッセージを受け取った時

    なんとなく、自分の中で 1つのことの 本当の解決が近い予感がしました。

    ありがとうございました。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      lunaさんこんにちわ♪

      意識のコントロールは決して楽なことではありませんね。
      自然に、そして否定心を持たずに生きていくという事がどれだけ難しい事か…

      >愛は信じること。つまり、「神を信じること」。

      そうですね、その通りだと思います。

      この世界でさまざまな問題に打ち当たっている人たちが、解決へと向かわれるように、お祈りいたします。
      ありがとうございます♪

  2. blankのんたん

    おはようございます♪

    ウリエルさんのスピリチュアルブログ、好きです。
    最後の一節、胸が温まりました♪

    あの方は霊能力というより、念が強い感じします。
    接続意識は基本切っていても、あの方は私とおんなじポジションで働いてるんですもん。いやでも手書きのメモを見たりやりとりせねばならんのです。
    あの方が強い否定の心のままに書いた文を読んでしまうど、Σ(゚д゚lll)きた…!!ってなって、払うのがちょっと大変です。
    でも、数年前から比べると凄まじい否定の念はだいぶ減りましたかね。

    お互いのすべての学びが終わるまで、本当の意味ではサヨナラできないような気がしてます(汗)
    お互いに豊かに富ませてこそ別れも叶うのでしょうかね。
    それも大切な成長の機会、神の法則なんでしょうね♪

    愛は信じること。
    愛は忍耐強くあること。
    愛は寛容で、、って、どこかで聞いたような?

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      のんたんこんにちわ♪
      人間がこれだけ沢山居たら、やはり何かしらの問題はどっかそっかにありますし、霊的な問題もまた然りですね。
      学ぶべき事が終われば終わりと変化は訪れる… ですから私たちは愛を信じて前向きに進まなければですね。
      それが愛の成長なおでしょうから。

      いつもありがとうございます♪

  3. blankmomochan2000

    こんにちは^ ^

    連休、折り返しが過ぎてようやくお天気回復ですねぇ

    私も以前、宗教団体を抜けた以後は、かなりの否定的な思いをいまだに向けられているのを感じています。
    創造主に思いを馳せているとすぐにこちらはそんなこと忘れていつのまにか立ち直っているのですが、相手は苦しいだろうなぁと思います。
    本当に可哀想だと思います。
    ですが、私も相手も永遠不滅の存在ですから、いずれ本当の意味で仲良くなれると確信しています。

    この書き込みをしている途中で感じたんですが、魂の奥底では、お互いすでに許し合っているのかも知れませんね。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      momochan2000さんこんにちわ♪

      >この書き込みをしている途中で感じたんですが、魂の奥底では、お互いすでに許し合っているのかも知れませんね。

      この言葉には真理があると思います。
      私たちはこの世界だからこそ、争うことやぶつかる事も経験できるのだなぁと思いました。
      全ては学びですね♪

      ありがとうございます♪

  4. blankPolar bear

    連休中のお陰か、頻繁に更新があって嬉しいです。
    ウリエルさん、いつもどうもありがとうございます!

    ウリエルさんのご家族の皆さんの健康と幸せをささやかながら、心よりお祈りいたします。

    霊能者が難しいというお話で、、ロードオブザリング(日本語では指輪物語というのでしょうか)
    を思い出しました。
    本は難しいですし、映画は、かなり、バイオレントな表現もあるので、暴力的な表現が嫌いだったり、怖かったり、心が傷ついてしまう方や子どもにはお薦めしませんが、、かなり深いお話だと思います。

    この話には、キャラの濃いすごい能力者wがいっぱい出てきますけど、主人公は、チビで凡庸なホビットです。ホビットには、なんの能力もない。笑。

    なんで、ホビットが主人公なんだ。なんで、ホビットが一番難しい使命背負ってるんだ。と思うじゃないですか。笑。ロードオブザリング三部作見終わって、すごい納得しました。凡庸だからこそ、ホビットは、仲間のアドバイスに良く耳を傾けたし、仲間に対する感謝の気持ちも失わなかったし、欲望と闘いながらも、最後まで自分を見失わず、不可能にも見えたミッションを達成するんです。
    一方で、欲望に負けて自分を見失ってしまうのは、一見、強い人たち、能力者たちばかりでした。
    本当にすごい人というのは、どんなにすごい能力があっても、なくても、実は、凡庸に淡々と生きているものなんでしょうね。
    改めて胸に刻みたいと思いました。
    いつもながらの長文失礼いたしました。 末筆ながら。。ウリエルさんのご家族に加えまして、このサイトを訪れる皆さんの健康と幸せもお祈りしたいと思います。皆さん、残りのGW楽しんでね。

    n

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      Polar bearさんこんにちわ♪

      休み中は少し庭先に触る時間が増えて嬉しいですが、総じて時間は足りていないので うーん どうしよう? って感じです(笑)
      ロードオブザリングは兄がビデオを持っていて、一緒に見た事があります。
      私はファンタジー好きなので最初から最後までとても楽しく見る事が出来ました♪

      映画のあまり詳しいストーリーとか覚えていないのですが、たしかにホビットが一番凡庸でしたね。
      そして嫌みの無い好感のもてるキャラクターでした。

      強い力を持つという事は、それだけ御さなければならないものも多いのかも知れません。
      いつも祈って頂きありがとうございます♪

      Polar bearさんや皆さんに健康と幸福がありますように♪