瞑想の時に見える光とエネルギー

さてさて、こっからは瞑想のシリーズです♪
○瞑想時の視覚


前回は体の反応について書きましたが、今回は主に瞑想時初期の霊的な視覚について考察していきたいと思います。

よく質問されるような事の中に、アストラルライトや瞑想の時の光りの見え方などがあります。

ヒーリングエネルギー

この上の画像は私がトヨタさんから初めてヒーリングを受けたときに目を瞑ったまぶたの裏に視えたグリーンのエネルギーの光りを画像で再現してみたものです。

霊的視覚や高次の認識を持たない当時の私がいきなりこんなにハッキリしたエネルギーの光りを視たのは驚きでした。
体もガタガタと震え体のあちこちがピクピクと勝手に動きました。

ヒーリングエネルギー

その後の瞑想で自己ヒーリングしていると見えたのがこんな感じでした。
トヨタさんから受けていたのとエネルギーと比べると見え方がよわいです(笑)

アストラルライト グリーン

アストラルライトという言葉がありますが、私が瞑想を通じて見始めた星空のような光りはこんな感じでした。

アストラルライト ブルー

青い感じで見えたり、他にもさまざまな見え方をします。
これは人によって多少は異なると思いますが、私がこれまで読んだ精神世界や魔術に関する書を見る限りではこの星空のような見え方がスタンダードのようです。
私の場合はグリーンとブルーが多かったです。

今自分として解っている事は、オーラや光りを見る視覚にも少なくとも3種類は存在しています。
その3種類のどの特性がより開発されているかで見える種類が異なります。
バランス良いのが一番です♪

ヴィジョン01

上のは一見真っ暗なのですが、よーーーく見るとなんか景色が見えています。
瞑想初期でもこんな風に、自分でもハッキリ気づけないだけで実はさまざまなビジョンを視ていたりします。

目を瞑った時のあの暗闇は、実は情報の塊なのです。
例えて言うなら、セル画の画像をたくさん重ねたら真っ黒になったというような具合に。

これについてはまたあとで詳しく書こうと思います。

とりあえず瞑想時、とくに初期の視覚について書いてみました。

瞑想時にこんなの視たとか、なんかあればぜひ教えてください♪

次回は瞑想時の意識状態を書いてみたいと思います。

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。<strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a><strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a>「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。