神と愛と一体 – スピリチュアルとは 第20話

「神」と「一体」と「愛」

私達はかつて「神」と「一体」の存在でした。
神によって分霊された私達は、その大きさこそ違えど、神と同質の存在ででした。人間の私達が魂と呼んでいるのは状態です。
原罪を知らない魂であった頃の私達は、自分以外の魂を、自分と同じように「愛」する事ができました。魂は神と同じ性質を持ち、永遠不滅の存在です。しかし、人間として生きている私達は、原罪によって物質世界に降下し、魂であったときの本当の自分を見失っています。
だから「魂」であった頃のように自分以外の人間を自分と同じように愛する事が出来ません。この事を一つ一つ説明したいと思います。

PR

「神」=「一体」 つまり神は全てとひとつ

神とは、この世界のすべてを創造した原初の光、宇宙意識 すべての根本といったものです。0と言う数字がそれしかないように神とは、唯一ただ1つの根源的な 意識エネルギーであり、はじまりの瞬間もただ1つのものです。

はじまりのビジョン(瞬間)とは、第1の光である神が自らを分かち 第2の光を創造した瞬間であり、新たに輝きだした2つ目の光りが自らを分かちさらなる数多(あまた)の光りを生み出した瞬間です。

今のこの世界と全ての物質は第2の光が創り出したものです。
私たち人間も世界のすべても、もともと神から生まれました。さかのぼれば私たちすべては1つであったという事です。
つまりそれは「神」=「一体」という事になります。

「愛」=「一体」 つまり愛は全てを一つにする

私たちは、この物質の世界に居て、もともと自分にも等しいといえる自分以外の 存在達を、自分と同じように扱えなくなっています。
人間の多くは魂の存在やその目的を忘れ、本来幻影と言えるこの物質の世界での生活をすべてのように思いこんでしまっています。
そして捕らわれ、 思うように魂を成長させることが出来ない状態に陥っています。利己的な心であったり差別であったり、自分と他人をへだてる 個別意識はますます強くなり、人間として生まれた魂の多くは 本質を見失い混乱しています。

どうすれば人間はこの物質世界で混乱することなく魂の成長という 魂本来の目的を果たせるのでしょう?

私たちは、自分自身と同様に、ほかの存在も自分自身と同じように大切にしなければ成りません。自分のごとく人を愛する。
つまり自分と他人の存在を等しく考えるという事が「愛」でありそれはつまり
「愛」=「一体」 という事になります。

「神」=「一体」=「愛」

神は全てと一つで、愛は全てを一つにする。
この事に気がついた人たちが居ました、そしてこの事を人に教えて広めてきた人たちが居ます。過去の偉大な聖人達です。
愛が神に通じる道であるというように言われる本当の理由です。

私達の魂を成長させ神に至る道

「神」=「一体」=「愛」です♪

神とすべてを一つにするのは愛です♪

 

PR

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

700,042 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談