スピリチュアルを信じない!4種類のスピリチュアルな人たち

スピリチュアルな人表
スピリチュアル

スピリチュアルとは霊的という意味で、スピリチュアルを信じないというのは、つまり霊的なことを信じないということです。
現代的なスピリチュアルという言葉はカバーする範囲も広いため、一言でスピリチュアルと言っても、人によっては宗教や占いを含んだり含まなかったりスピリチュアルという言葉の意味も多少の違いがあると思います。
スピリチュアルは人を幸せにも不幸にもしますが、スピリチュアルで不幸になる人って本当にボロボロになってしまう人もいるのである意味信じないという選択は安全かも知れません。
世の中にはスピリチュアルなことに否定的な人もいて、スピリチュアルなことを信じないと言ってはばからない人も沢山います。
過去の聖人聖者他とは、人間の魂が成長をするために、霊的(スピリチュアル)な事柄は避けては通れない道であると説明していますし、私自身もそう思います。
ただし、過去の聖人聖者が言葉にした「霊的」という言葉と、現代の日本的な感覚で歪められた「スピリチュアル」という言葉には確実にズレがあります。
その事が、「スピリチュアルを信じない」と言う人達の選択や価値観に関係していると思います。

PR

 

スピリチュアルを信じるか信じない

ここで冒頭の表がもう一度登場します♪

ざっくりとかなり乱暴な表ですが、こんな感じで仕分けをするとスピリチュアルな人達の事を簡単に説明できます♪
この表を見ると、スピリチュアル(霊的)に関わる人に関して大まかに4種類に分けて考える事ができます。

  1. スピリチュアル(霊的)を信じている善人
  2. スピリチュアル(霊的)を信じている悪人
  3. スピリチュアル(霊的)を信じていない善人
  4. スピリチュアル(霊的)を信じていない悪人

これをみると解るのは、スピリチュアル(霊的)を信じない人にも善人と悪人がいて、スピリチュアル(霊的)を信じる人にも善人と悪人がいるという事です。
当たり前と言えば当たり前なのですが、霊的な意識を持っている=善 そんな風に錯覚して無防備になってしまう人が沢山いる事も事実です。
そして、一見霊的な意識を持っていない人でも愛を持つ善良な人は沢山居ます。
表に書いたそれぞれの人を説明してみたいと思います。

PR

スピリチュアルを信じない悪人

愛から離れているというのは、つまり神から離れているという事ですし、スピリチュアル(霊的)を信じないというのはつまり霊的な法則を信じない人達です。
このタイプには、物質主義者や、人間の一生が一回きりだから好き勝手に生きたいと思っている人が多く、その思想や価値観がもたらすものは「快楽主義」とか「利己主義」です。
彼らは神もカルマの法則も信じないので、人を傷付けるような行いや、騙すような行い、いわゆる悪人です。

愛から離れた状態である彼らは、神から報いを受け取るサイクルも遅いので、それはつまりカルマの発動も遅くなかなか罰がくだらない状況と言えます。
悪が栄える理由は、この二元的な物質世界においては彼らが神から離れた状態である、ということが一つ言えると思います。
ですが、悪人とよばれる人達は、死を迎えたときにカルマをまとめて精算する事になります。
それはつまり、「業」として来世への自分の人生の課題や報いとして解消を余儀なくされるという事です。

スピリチュアルを信じない善人

愛があるというのはつまり、神に寄り添っているという事です。ですが、スピリチュアル(霊的)を信じていないので、このタイプの人達は自分自身のモラルとして正しい行いを選択できる人達です。
愛のない教信者より、愛のある無神論者の方が神に近いです。なぜならば神は愛そのものだからです。
このタイプには物質主義者や化学の信奉者、無神論者が多いですが、愛に寄り添うかれらは、具体的な証拠が無いから神や霊的なものを信じなかったり、あるいは、「いかがわしい宗教」や「霊感商法」、独善的なスピリチュアリストと無関係でいたいだけなのです。
スピリチュアルな事を信じることで人生にデメリットがあると判断して、無神論者を選択したり、公言している人も多いです。
聖書には「人前でラッパを吹くな」という言葉があるように、自分の霊的な意識や信仰心を人前でひけらかすことは必ずしも良い事では無いため、対外的に「無神論者」を装ってる人もそこそこいます。

PR

スピリチュアルを信じる悪人

愛から離れているというのは、つまり神から離れているという事ですが、スピリチュアル(霊的)を信じるというのは、目に見えない霊的なものや事象を信じる人達です。
このタイプの人達の不思議なところは、神や霊的な存在を認めていても尚、「快楽主義」や「利己主義」に身を投じ、悪を行えるというところです。
スピリチュアルを信じてなお悪を行えるという心や霊的な資質は、いわゆる黒魔術師と同じで、悪魔や悪霊の類いを引き寄せます。
そういった霊的に悪意を持つ否定的な存在の関与により、ますます神から離れ、悪の力を身につけていきます。

このタイプの恐ろしいところは、表面的には善人を装うような人間も多く、とても巧みに、そして狡猾に人の心の隙間に入り込んできます。

愛から離れた状態である彼らは、神から報いを受け取るサイクルも遅いので、それはつまりカルマの発動も遅くなかなか罰がくだらない状況と言えます。
悪が栄える理由は、この二元的な物質世界においては彼らが神から離れた状態である、ということが一つ言えると思います。

ですが、永遠に悪が栄える事はなく、必ず真実によって報いが与えられます。それが真理だからです。

スピリチュアルを信じる善人

かつての聖人聖者たちや、現代で生きて活動する信仰心をもった人達。愛を持った人達です。
神を信じるが故に、その背後の法則と、霊的な事象を受け入れる心を持っています。
正しいことを選択する事ができ、奉仕的な心をもって日々を過ごしていたり、あるいは奉仕的な活動をしている場合もあります。

スピリチュアルを信じる人 = 霊能者 という訳でもないので、普通に暮らしている普通に善良な人もこのタイプに入ります。
神に寄り添い、霊的な事象を受け入れているという2つの条件が揃っているため、このタイプの人達の中には「霊能力」や「ヒーリング能力」などを持つ人も居ますし、「白魔術師」的な資質を持っています。
善良な心と霊的な知識が結びつくと、霊的な事を具現化する力が増します。

PR

スピリチュアルの本質

実は、スピリチュアルを信じているとか、信じていないとかは、最終的な魂の完成や、カルマからの解脱に直接は関係しません。
よく、スピリチュアルなマスターとか、アセンションを迎えるような人は、キリストのように人間を超越した力を持って始めて到達できると想いこんでしまう人達は多いです。
実際はそんな事も無く、ふつうの人として生まれて来て、人生の中で最後の課題となっているカルマを消化し、ふつうの人としてカルマの解脱やアセンションをする人も多いのです。
というか、普通はこっちのパターンが多いと思います。

そして、スピリチュアルを信じながら悪を行う人間は、物資的な罪ならず、霊的な罪を犯すため、普通の犯罪者よりよい深い過ちを犯しやすいと言えます。
カルマの法則は動機により強く関わると私はいつも言っていますが、「神の存在を知らずに悪を犯した者」「神の存在を知りながら悪を犯した者」前者は霊的に無知な者と言えるかも知れませんが、後者は確実な「神への裏切り行為」です。スピリチュアルな分野で利己主義に走ったり、否定的な行いをする人達はいずれ真実によって報いを受けるでしょう。それが神の真理です。

そう思うと、「愛のある無神論者」というのも、一つの正しい選択であることが解ります。
霊的なデメリットやリスクから身を守る良い方法の一つだと思います。

私がよく言う、霊能者なんかに関わらない方が良い、みたいな事を主義として実現している人達ですし、意外と「神を信じない」という人達とも深く話をしてみると、「宇宙の法則に宿る知性」と私が言い方を変えるだけで、「それなら解る」とか「それなら受け入れられるかも」と言う人は多いです。
スピリチュアルという言葉に従わなくとも、愛のある人達は同じ方向を向いているのです。

さて♪ 結論を言うと、スピリチュアルを信じていようがいまいが、大切なのは「心を清めて愛を持って生きる」という事です♪

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

2,588,230 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. Polarbear

    ウリエルさん
    いつも楽しく、そして興味深く記事を拝見しています。どうもありがとうございます。
    奥さまとお二人で風邪とは、、大変ですね。小さなお子さんがいたりしますと更にきついですよね。
    お二人とも、ご自愛なさってください。

    私の夫はスピリチュアルを信じない善人です。私は、スピリチュアル大好き人間なので 笑
    色々とバランスを欠くことも多いため、笑、主人のスピリチュアル全否定だけど、信じる人の自由は尊重するところに、とても惹かれて結婚しました。

    スピリチュアルを信じる仲間の中に、スピリチュアルを信じていない人イコール悪人のようにいう方々がいて悲しく思ってましたが、はっきりスピリチュアルを信じる信じないは、魂の感性やカルマの解脱に全く関係ないと言っていただけて胸の中がすっとした感じです!ありがとうございました。

    今後も、記事の更新楽しみにしてますが、ぜひウリエルさんのご無理のない範囲で。。。
    応援しております。お返事は必要ありません。( ^ω^ )

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      Polarbearさんこんにちわ♪
      今はもう大丈夫ですが、風邪をぶり返した時は、やばいと思いました。(笑)
      育児をしていると子供優先になるので、自分の健康管理もままならなくなるときありますね。

      神や霊的な事象を信じ受け入れている人でも、霊感詐欺みたいな事をしている人は沢山居ますし、信じない人にも善良な人は山ほど居ます。
      でもスピリチュアルな意識を持っている人の多くは自分が進んだ人間と錯覚し、スピリチュアルな事を受け入れない人達を時期が来てないとかレベルがいってないみたいに扱うことがあります。
      大切なのはどれだけ愛を持っているかです♪

      ありがとうございます♪

  2. miya

    いつもたくさんの知識をお与えいただき
    ありがとうございます。

    愛を持って…を実現させたいのですが
    スピリチュアルを学ぼうとすると
    まんまと拝金主義スピに当たってしまう
    残念な自分です。
    今日も以前から気になっていた方の新刊を予約し
    予約特典的な申し込みフォームより申し込みすると。。。
    返信メールには石の販売や高額講座などの
    商業スピのリンクが貼られて
    新刊を読む前からがっかりしてしまいました。

    たまたま身内が当著者の初回本を持っていたので
    読んでみました。
    言われていることは神さまのこと、宇宙のことなど
    自分も信じる内容でした。
    でも、どうしてこんなに素晴らしい能力がある方々が
    目先の利益を求め、軽々しく金儲けに進んでしまうのでしょうか。
    生計を立てるための範囲ならば良いかと思いますが
    それ以上に、“足るを知る”を越えた
    経済活動に疑問を感じてしまいます。
    そのことを神はお喜びになるのでしょうか?
    神は自己決定を否定されないと思います。
    でもそれは果たして望まれたカタチだったのか。
    この選択によって、やっぱりスピリチュアルって
    胡散臭いよね、となることに対する想像力は
    ないのでしょうか。
    私は視えたりしない一般人ゆえに
    こういう能力のある方々の拝金主義的な振る舞いと
    スピリチュアルが偽物と世間で言われてしまうことが
    残念で仕方ありません。

    こうやって、モヤモヤしてしまう自分は
    やはりまだまだ愛が足りないし
    ここで人のことをどうこう批判するより
    “自分が何を選び、何を信じるか”
    が大事だったりするのかなぁと自己反省をしながら
    ウリエルさんに愚痴を聞いていただきつつ
    コメントをさせていただきました。

    • ☆ウリエル☆☆ウリエル☆

      miyaさんこんにちわ♪

      本当に霊徳の高い人ってスピリチュアルとか関係なく自分の人生の中で正しいことをしたり、人様の助けとなる存在になっているものです。
      マザーテレサとかが本当によい例ですよね。マザーテレサ本人は、自分の事スピリチュアルとかみじんも思ってないでしょうし。

      つまり、スピリチュアルな分野に固執する人間がそもそもアンバランスなのかも知れません。

      ちなみに私も霊的な活動や天空の庭先を運営したりしてますが、私の人生の中では七分の二以下でしょうかね?
      普段は会社員なので(笑)

      ですから、がっつりスピリチュアルな人は避けると拝金主義スピに当たらないですむかもですよ♪
      あとそうですね、仰るとおり選ぶ側の自由もあるので、私がオススメするのは「自分で感じて考えて自分で決める」って事です♪
      イエス・キリストや仏陀がそうであったように。