目に見えないものを信じること。
簡単だけどとても難しい。
矛盾した言葉ですが実際その通りだと思います。

この世の全てが第一原因である創造(神)によって生み出され全てが一体であるということ。
目には見えないこの真理を信じるのは難しいです。

全てが創造(神)の一部分で有り一体であるなら
全ては創造(神)の霊であり、自分もその一部と言うこと。

その事を頭に置いてこれから書くことを考えてみてください♪

○癌のイメージ療法

ガン細胞を攻撃するイメージを頭に浮かべることによってガン細胞を死滅させるイメージ療法です。
とても高い効果がありますが万人に同じように効果を示すものではありません。

○薬

薬は体に作用するものです。
自分の体を治してるのはあくまで自分自身の自己治癒能力です。
薬の効き方にも個人差が有り、睡眠薬と偽ってビタミン剤を飲ませると眠くなる人が大勢居ます。
暗示効果などと言われ片づけられてしまいますが、実は病気に対して有効な効果があると言われてる薬をイメージしただけで、人によってはその薬を飲んだときと同じように体に変化が現れる事も確認されてます。

○先祖

自分は墓参りなど行ったことはほぼ無いです。
家には仏壇も有りませんでした。
先祖の供養などした記憶が無いです。
墓参りなど行かなくても望めば無くなった父にでも失ったハトにでも猫にでも会えます。
だからお墓とか行きません。
父とは父の死後に分かり合えたと思ってるほどですから。

○儀式

めんどう事が苦手な自分は儀式的な風習も苦手です(笑)
本職の霊媒師の方々が仰々しい儀式を執り行ってるのを何度かテレビで見かけたことがあります。
自分はいついかなるとき霊が来ても体と心一つで浄化します。
かかる時間も比べればごくわずかな時間です。

念とは目に見えないものです。
でも念はまだ実感できる要素が多々あると思えます。
それでも無条件に信じるのは普通難しいです。

創造(神)は目に見えないものです。
神こそ信じるのが最も難しいものかもしれません。

でもそれらは確かに在るのです。

薬にしてもお墓にしても仏壇にしても儀式にしても、目に見えないものに人の意識を向けさせるためのキッカケに過ぎないんです。
つまりは創造(神)への不信仰を補うものです。

もしお墓がなかったら死者を敬う心を多くの人間が忘れてしまう人もいるでしょう。
仏壇や仏像も同じです。先祖、神、仏を敬う気持ちを人々が日々忘れないよう手助けしてるものです。

勿論物質にはその物質がもともと持つ意味や波動が在ります。
例えば護符などは図形が持つ力と自分の念を組み合わせたものです。
ですがただただ本当に強い念が在れば物質など頼らずとも事は全て成るのです。

もちろん自分自身もそこまで強い念も信仰も持ち合わせていません。
ですから自分の助けとなるように護符を作ったりピラミッドや水晶といった物質を頼ってます(笑)

つまり物質を頼るのが良くないとかそんな事を言ってるのではなく、本来は思えば成るという事です

物質的に何がどうしたか、などより、自分自身の願い、つまり念じる事のほうが本来はよほど強いのです。

キリストは信仰が在れば山に動けと言えば動くと言いました。
念動力でスプーンを曲げる人なら世の中に居ますが、もしそれに100万倍する想念エネルギーがあるならキリストが言うような事ももしかしたら可能なのかもしれませんね。

物質から離れ 創造(神)に近づくほどに思えば成るという事が解りますよ♪

■心を清めて愛を持って生きる事を一緒に広めてくれる人はポチをお願いします♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で