神を師とする

何を信じて何を原則とし行動するか?

自分で感じて考えること、そしてそれと同様に大切なことがあります。このことさえ胸に刻むことができれば、スピリチュアルや精神世界が持つ暗闇や幻想にも迷ずに進んでいけると思います。


それは「神を師とする」ということです。
この世の中には霊能者や教祖、霊的に「マスター」と呼ばれる人間など凄そうな肩書きを持っているひとが山ほどいます。
その中には素晴らしい人もいるまもしれませんが、自称しているだけの人も居ます。
単に虚栄心やお金儲け目的の人もいるでしょうから霊的な師と言ってもピンキリです(笑)
ここを訪れたあなたに私が伝えたいことは、人ではなく神を師としてください♪
私はこの庭先で、人に神の存在を伝えようと色々なことを書きますが、私は宗教家ではありませんし、誰かにとっての師でもありません。
私は神を信じる者であり、神へと至った聖人たちを師事する者です。
つまり私は神を師としています♪

神を師とするということは一体どういうことでしょう?

より具体的に書いてみます♪
神へ至った聖人たちはすでに神と1つですから、彼らの生き方や思想を研究したり、それを取り入れることは、神を師としていると言えます。
神のエネルギーの性質とは愛ですから、愛を持って生きることを心がけ、実践している人たちも神を師としていると言えます。
この世界のすべては根源的な神をより生まれています。
あらゆる次元、あらゆる元素、あらゆる物質、あらゆる存在、この地球も、そして国も、家族も、隣人も、すべてが神から生まれたものです。

私たちは自分の存在がかかわるすべてのものから何かを学び取ることができます。
人生そのものが師です。
それを実践して生きている人は、神を師としていると言えます。

そして神を師であると考える私にとっては、同じく神を師とするすべての人たちが兄弟弟子であると考えています。

正しい信仰

古い時代も現代も、人間が生み出したさまざまな神々が信仰の対象となったり、人が人を崇(あが)めたり、人々の信仰が唯一絶対なる神から離れた時代はいつでも混乱に満ちてます。
唯一絶対成る神から信仰が離れるという事は、人々が宇宙の法則をや愛を無視しているという事です。

古代より、心ある人々は唯一絶対なる神への信仰をよみがえらせようと計画し、働きました。キリスト然り、仏陀然りです。
私たちは作られた神を信仰したり、人の言うことを考えずに鵜呑みにしたり、真に神へと至った経験のない人を師とするべきではありません。

神を師とする…

神は唯一絶対の師であり、神を師とするということは真実につながる真理の道です。

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。