ヒーラーの選び方 – ヒーリング実践知識 第2話

 

PR

ヒーラーの力は、3箇条をどれだけ体現しているか

「心の清まり」「愛」「本人の健康」です。
それでもちょっと分かりにくいという場合は以下のことを参考に考えてみてください。


■愛や奉仕に基づくか?

これは精神世界の歩き方にも書きましたが、そのヒーラーが人を癒すという事を商売にしているか、奉仕にしているかは一つの大きな判断基準になります。
しかしこれは必ずしも有料か無料かという事ではないです。

というのは、有料でヒーリングを行っている人でも、仕事と奉仕の両方を兼ね備えてヒーリングを行っている人も居ます。そういった方の場合価格は適正ですし、アドバイスやアフターケアなども含めて、価格以上のものが提供されています。その価格以上のものこそが単にビジネスではないライフワークや奉仕、愛の心が宿る部分です。

逆に、無料でヒーリングを行っているような場合でも、それが売名行為や力の誇示など、奉仕以外の動機や目的によるものであれば得られる体験も知識も期待は出来ないと思います。

ヒーリングの相場は5千円?1万2千円といった所でしょうか?
たまに3万とか5万とか、場合によっては10万超えるような価格も見かけますが、高価なものは一度しっかり考えた方が良いでしょう。それが本当に自分を導いてくれるだけの力や価値を持ったものであるのか?

ヒーリングを受けようという動機が単に回復目的であれば、未熟なヒーラーから高価なヒーリングを受けるより、有給休暇をとって漢方を飲んで家でゆっくり寝たり祈っている方がはるかに良いでしょう♪3万あれば温泉旅行にも行けそうです♪

ヒーリングだけではありません、特殊なワークなども同じです。

キリスト然りですが、この地上世界で奇跡的なヒーリングパワーを持っていた多くの人は無料でその力を人々の為に役立てています。
表舞台に出ず、陰で無名の師として活動したマスター達も然りです。
しかしそういったマスター達と出会える可能性は非常に少ないと思うのでここではやはり手の届くところからヒーラーを探す事を前提に話を進めます。

ヒーリング能力に必ずしも関係はしませんが、どのような経歴を持ち、どのような経験を積んできたかは一つの目安に出来ると思います。
例えばですが、もし私がどこかのヒーリングサロンに行ってヒーリングを受けようと思ったとしたら、医療、マッサージ、ヨガ、鍼灸など、ヒーリング以外にもなにか専門的な知識やスキルを持っている方を選ぶと思います。社会に根ざしているというのは、グラウンディングの視点から見てもとても大切なことです。目に見えないエネルギーを扱う仕事であるからこそ、現実感を持っている事はとても大切です。

もしこれを読んでいるあなたがちょっと気長なのんびり屋さんであったならこの天空の庭さきでは、不定期ですがヒーリングエネルギーを体験できる機会を用意していこうと想っています♪
私にキリストや聖人聖者ほどの力があるとは思いませんが(笑)

これまで私からヒーリングを受けたことがある方は、その時に感じたエネルギーを目指して瞑想時に意識を集中すれば、徐々にそれを捕まえることが出来るでしょう。
光が大きく波打つよな、降り注ぐようなあの感じです。
私の存在抜きで瞑想中にご自身で上から受け取れるか、是非やってみてください♪

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談