委ねる – ヒーリング実践知識 第4話

ヒーリングは委ねること

まずは自己浄化、自己の健康状態を良好にキープする事です。
これが出来て初めて安全に人を癒すことが出来ます。

PR

人を治すときには、愛を持ち、自分はエネルギーを通すパイプ役に過ぎないと言うことを自分自身の内で確認しましょう。
ヒーリング中もこの事を決して忘れないようにしましょう。

愛を持っていれば祈りの言葉や心の中に思い描く気持ちは
「神の御心のままに」これで十分です。
余談ですが、マザーテレサは大勢の人の前で話すとき、唇に十字を切ったそうです。
自分から出る言葉を神にゆだねるためのひとつの小さな儀式です。
実は私もヒーリングや霊視を行う際に同じ事を行っています。

ヒーリングは必ずしも成果が出るものばかりではありません。
カルマとは罪や汚れではなく、私たちが学ぶべき課題と考えたらお解り頂けると思います。
人が病から学ぶべき事があるのなら、その病はつまり「学び」です。
人が勝手にその「学び」を取り除くことは出来ないのです。

癒せるものと癒せないものがある。
これはヒーリングをする側も受ける側も常に理解が必要な部分です。
病が癒されるとき、それはカルマが解消される時期で、ヒーリングはそのキッカケに過ぎません。

つまりヒーリングはその姿勢にもその結果にも我執を持たずにゆだねる事が必要です。

もし結果が思い通りにならなくても、そこに注がれた愛は無駄になることはありません。
むしろ未来へと積み重なっていく光となるでしょう♪

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

280,870 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談