人の想念は電波のように行き交っています

想念は水のようなものとして例える事が出来るかもしれません。
水が0度で凍りますが、私たちの想念、人間のもつあらゆる意識エネルギーには波長があります。

波長が近いほど受信は容易で波長が違うほど受信が困難です。

例えば双子とかが強いテレパシー能力をもってたりするのは互いに近い波長をもっていることも大きく関係します。

悪霊や浮遊霊も波長をもってます。
同じような悲しみをもった人だったり、同じように怒りっぽい人など似た波長の人間にほど憑きやすいです。

念の送信

日常のちょっとした思いでも、軽く念を送ってる場合は多いです。
好きな人のこと考えてたり、家族のこと考えてたり、良くも悪くも日々様々な念を送信しながら人間は生きてます。
この送信の仕組みは祈りと呪いを見ていただけたなら分かると思います。

念の受信

念の受信については、波長の合うものを受信しやすいということを書きました。

まず自分だれしもが、あらゆるエネルギーを受信をするアンテナのようなものをもちます。
これも一言でいったら 意識を向ける ってことにほかならないです。
極端な例を言えば、善人には神の声が聞こえ、悪人には悪魔の声が聞こえ、UFOコンタクティーには宇宙人からメッセージが届くなどです(笑)
ひとえにこれも波長とか波動によるものです。

受信の能力に関しては、霊的な力や感性によるものも大きいのですが、自分の意識の向き先によっても受ける影響は変わります。

例えばテレビで悲しいシーンとかやっててそれを見てると涙が出てくる、これはその事柄に意識を向けるからおこりゆることなんです。
同じテレビの悲しいシーンでも家事の片手間などに見てるようではとても泣けません(笑)

これも言ったら自分の意識向き先から、より情報やエネルギーを受け取ることと同じです。
神からエネルギーを得たいなら神に意識を向ける
自然からエネルギーを得たいなら自然に意識を向ける。

チャネリングというような言葉もありますよね♪
自分をアンテナのくっついたテレビに例えると、チャンネルは意識の向き先です。
神様チャンネル、心霊チャンネル、UFOチャンネル、いろんなチャンネルがあります(笑)
瞑想によってエネルギーの経路やチャクラが開かれたら
より受信精度の優れたアンテナになり、様々な電波をハッキリと鮮明に受信するでしょう。

テレビ番組で催眠術や気功の実験をやってると効果のある人間とそうでない人間が居ますよね。それがチャンネルとアンテナの個体差なんですよ♪

あの人知ってます? 超常現象否定派の大槻教授。
あの人は番組のリハーサルだと催眠術にもかかるし気功でひっくり返ったりもするそうなのですが、実際本番では絶対かからないし倒れないそうです。
つまり受信のチャンネルをまったく逆の方向に固定してアンテナをそっぽ向けてるんです。

人は日ごろ意識を向けているものから、様々なものを受信してます。
もちろんこちらが意識を向けて無くてもどこかから念が来れば念を受信するアンテナは無意識にそちらを向いたりもします。

互いのことをいつも思い合ってる恋人同士、家族、兄弟などの方が以心伝心がおこりやすいってことですね。

人間は念を送信する電波塔と 受信するアンテナをもってます。

日ごろからたくさんの良いことを考えてそれに意識を向けたならよりたくさんの良いものを受信出来るでしょう♪

■心を清めて愛を持って生きる事を一緒に広めてくれる人はポチをお願いします♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で