カルマの法則(因果応報)とは – スピリチュアルとは 第22話

カルマの法則(因果応報)とは?

カルマとはサンスクリット語で「行為」を意味する言葉で、因果応報の法則と結びつき、カルマは人の行いの善悪に応じてやがて自分の身にかえってくるという思想を表すニュアンスの言葉として広まっています。このカルマ(行為)は人が死んでもその報いを受ける場では決して消えることはありません。例えば今世で悪を行った人間が、今世ではその報いをまぬがれたとしても来世や再来世などの未来に生まれ変わる人生において必ず巡ってくるものです。
カルマの法則(因果応報)からは逃れられません。何故ならばカルマの法則(因果応報)はこの世界の背後に存在する神の存在によるもの、つまりは神の法則だからです。


神と一体と愛をまず思い出してください♪

私たちはもともとすべてと一つで今も一つに繋がっているます。
これは循環する輪のようなものでもあり、自分がいずれの方向に力を働かせた場合、それは一体の輪を循環する形で自分の元へとかえってきます。

・良い事をすれば良い事がかえって来ます。
・悪いことをすれば悪いことがかえって来ます。

これは因果応報などという言葉でも知られています。
カルマの法則、なんて言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。

因果応報とは?

「人にすることは自分にする事と同じである」
「自分がしてほしいと思うことを人にしなさい」
こういった聖人聖者の言葉の言葉は、自分が人にした事はかならず自分にかえってくるというこの法則を人々にわかりやすく明かしたものです。

「情けは人のためならず」という言葉もそうです。
情けは人の為にならないという意味でも広まってますが、、本来は

人に情けをかけるのはその人だけではなく、自分自身の為でもあるという意味を持っています♪
因果は巡り巡って自分自身に戻って来ます。

日頃からよい事をこころがけましょうね♪

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. blankやまがら

    お世話になります

    良いことと悪いこと

    区別が難しい時もありますね
    そんな時は
    黙して動かないのが良いことなのかもしれませんが
    誰も救えず愛もないような状態になります

    心にある
    判断基準がそもそも清らかなのか
    浸透して理解できる日がくるのでしょうか