泣く事で感情が解放され心が浄化されます

泣くのがストレス解消に良いという事は科学的にも研究され、今では誰もが知る所となりました。
笑うのも歌うのも、身体を動かすのもそうですが、泣くのも心を解放するのに素晴らしい効果があります。
泣くのが得意な人、幸いです♪

さて、どんな時に泣けばよいのか?
子供の頃は好きなときに泣いて親を困らせる事が出来ましたが、大人になると泣きたいときに泣けませんよね。

たまには感動的な映画を見て涙してみるのも良いかも知れません♪

辛いとき、悲しいときは、浴室でシャワーでも頭からかぶって泣くと良いですよ♪
もし話を聞いて一緒に泣いてくれるような友達がいれば、それも良いかと思います。

我慢ばかりしてる人は、たまには自分に泣くことを許してみましょう。

スピリチュアルな観点より

泣くという感情にヒモ付く理由は色々とありますが、それが悲しみの涙であっても、感動の涙であっても一つ大きなエネルギーの源と関係しています。
それは人間の感情に関連した第三チャクラ、副腎です。
このチャクラは感情のカルマの貯蔵庫で、様々な感情のエネルギーをため込んでいます。
泣くという行為は、この蓄積された感情を解放したり浄化する作用があります。



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング