霊界の上層 天国と呼ばれる場所

霊界の中層~上層

霊界の中でもより波動の高い場所は、明晰さをそのままに光輝くような世界へと変容していきます。
ここを訪れる人間の形体も、球体であったり、光や意識そのものとして感じたりさまざまです。
この領域からさらなる高次を望むとき、まるで星々のような光を見たり、時には宇宙を見るときがあります。
私が龍、大天使、女神など、高次の神聖な存在と出会うのは多くの場合はこの領域です。 時間を超越したような神秘体験をする時もあります。


霊界の中層 より純粋な思考の世界

霊界中層

上の画像は私が体外離脱時に体験する幽界の印象や雰囲気を簡単な画像編集で再現したものです。 霊界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないとも思います。

霊界の印象に共通するのは、静かで心地よく、何もかもが現実以上に明晰であるといったことです。
画像は雲の上の風景ですが、この領域が人間の記憶に返還されるとき、多くの場合はこの地上の最も高い場所、つまり天空や雲の上の景観に置き換わることが多いです。
雲の上の屋敷や城、道や遺跡、庭園などが空の上に存在したりします。
時折夜空や宇宙を見上げたような世界に感じることもあります。

霊界の上層(コーザル界) 神界の力が発露する領域

霊界の高層 

上の画像は私が体外離脱時に体験する幽界の印象や雰囲気を簡単な画像編集で再現したものです。 霊界も細かく分けるといくつかの階層に分かれるので必ずしもこの印象に当てはまるとは限らないと思います。

明晰な景観と同様に、この領域で出会うあらゆる他の存在はあり得ないほど明晰で美しく輝いています。 幽界(アストラル界)からここまで読んでみて、高次世界って夢の見え方と似てると思いません?

以前夢のシリーズで、だいぶ細かく夢の性質や情報源に触れましたが、 モノクロの夢や明晰な夢など、夢の印象はこれら高次世界での体験や情報が 自分自身のフィルターを通して化けた、あるいは変換されたものです。

霊界の下層(メンタル界)より上の領域は、体外離脱で訪れたときも 明晰夢と同じように、現実以上のリアリティーと感じます。 ただ夢と違うのは、目覚めている今と同じ意識で、現実として認識し 体験をしているといった点です。


心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。