神界の上層 – あの世とこの世 霊的世界 第11話

神界上層 光りの領域

神界の上層にあるのは、原初より輝き続ける創造の光り。
私たち人間が神と呼ぶ存在の世界。あらゆるものや法則を生み出す根源です。
上昇が始まるのは、神界の中層あたりからになります。
このあたりはまた様相がことなり、神の光を間近に見始めます。 この神の光は、瞑想時に見る光とは性質が異なり、燃えるような熱感を持った光が霊的な圧力を強風のように放っている感じです。その圧力のために、これ以上近づけないといった距離が存在します。

PR

 

四階層世界の障壁と圧力

私が体外離脱で次元の壁を越えるとき、障壁のようなエネルギーの壁を感じます。
これは水の浅いところと深いところで流れの速さが異なり、その境目に圧力を感じるような事に似ていると思います。

その障壁の数で世界を区切ると説明してきた4階層構造になります。
そして人の意識エネルギーをベースに段階を区切った場合は7つです。

現在まだ不明瞭なこと 6次元以降の世界は正直感じ方も色々と異なるときもあり、様々な宇宙のようでもあります。 もし私が体験しているそれらの世界が異なる次元であったとしたら、次元はかなりの数にのぼると思います。
あと、私が神の光と感じたあの光が、もしかしたら神へいたる道のりに存在する強大な存在、例えば上位の大天使などである可能性も否定は出来ないと思います。
正直この領域は体験が少ないのでまだ分からないことだらけです(笑)

あの燃えるような光の中に入ったらどうなるのか?

実際に体験として神と一つになれるのか? それが私の一番知りたいことです。 お亡くなりになったら家族に申し訳ないなぁみたいな気持ちがそれを思いとどまらせています(笑)

まあこの強大な燃えるような光の前まで到達できること自体が今の私にはまだまだ希な体験なのですが(笑) 私自身の体験が増えれば、より高次の世界をもっと具体的に説明できる日が来ると思います。体外離脱の体験も、いずれは体験談にまとめていこうかと思います♪


関連記事

あの世とこの世の狭間

あの世 と この世 死後の世界を幽体離脱で体験! 

あの世、死んだ後に行く霊魂の世界。 此岸(現世)と彼岸(あの世)は仏教の言葉ですが、私達は最初に死後の世界を知るとき、「今生きているこの世界」と「死後...
8 comments
シリーズ一覧

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

77,711 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談