想念の世界 人の想いが積み重なるアストラル領域

想念界に積み重なる想念

想念界とも呼ばれる幽界(アストラル界)には人間の想念が蓄積し、さまざまな様相を作り上げています。
幽界(アストラル界)には人間が想像できるあらゆるものが存在します。
天空の庭先で「レプリカ」と呼ばれているさまざまな世界について説明します。
これを読むと、何故おかしな体験をしておかしな事を 言う霊能者やチャネラー、ヒーラーがたくさん居るのかがきっと よくお解りいただけると思いますよ(笑)
ある意味これは精神世界の歩き方 番外編っぽくもあります♪


 

幽界(アストラル界)に存在するさまざまな世界

「あの世」とか「死後の世界」とか、私たち人間には普通は見えない世界を私なりにですができるだけ分かりやすく説明してきました。
ここに書く事は主に幽界(アストラル界)についての事です。
体験を持っている方や勘の良い方はレプリカという言葉でピンと来ているかもしれません。感情と想念が形成する幽界(アストラル界)は霊能力を持ち始めた多くの人が夢や体外離脱において最初に体験する世界であり、もっとも沢山の落とし穴が存在します。

この四次元領域、幽界(アストラル界)はまさに、物資へと具現化する前段階のエネルギーで構築された世界というだけでなく、かつて存在したモノの幽体も多く残されています。そのため、物質世界よりはるかに広く繁雑な世界となっています。
この四次元世界には人が想像できるあらゆるものが存在します。
人の想念が現れては消えていく、そんな感じの世界でもあります。

幽界のページに書いたことですが、ここに善良な神の探求者さえ落とす大きな落とし穴や、 危険が存在します。

すでにこれまで書いてきましたが、この領域にはさまざまな霊的なエネルギーが存在し、人の感情に基づく想念エネルギーや想念体、帰れない霊、悪霊など、悪い存在も沢山います。 そういった存在だけでも混沌としていて十分危険なのですが、この領域においてもっとも大きな落とし穴は人の想念と自分自身の想念です。

この四次元世界には人が想像できるあらゆるものが存在します。

この事がどれほど大きな落とし穴となっているかをここでは具体例をあげながら説明していきます。読む人によっては痛い話になると思います。

幽界(アストラル界)に想念で形成されるもの

物質世界に家を立てようとした場合、想念エネルギーが幽界で先に形成されるという事はこれまでも書いてきました。
人が想像できるあらゆるものが存在するのであれば、この領域には私たちの知識や想像の中にあるもの、もっと言えば過去にあったもの、それこそ何でも存在する事になります。つまりは「天使」「悪魔」「女神」「宇宙人」「UFO」人間の想念が集まれば物質世界に実現せずとも、幽界(アストラル界)においては具現化がなされています。

想念体の説明に書きましたが、私たちが想念を集中して想念体を作り上げたとき、それはそのエネルギーに応じて目的と知性を持ちます。

つまりこの領域には想念体によって作られたあらゆるレプリカが存在します。 もちろん存在にとどまらず、集合意識によって形成された世界観、つまり「三途の川」「天国」「地獄」といった想念で作られた世界観さえもが幽界には存在します。 これは集合意識にかかわらず、個人の想念であっても形成され、落ちる可能性がある落とし穴です。

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。