アストラル界を超えた上位世界のまとめ – あの世とこの世 霊的世界 第15話

幽界(アストラル界~)、霊界(メンタル界~)、神界(アートマ界~)まとめ

私たちの「物質世界」と重なり合うように存在する「幽界」「霊界」「神界」などの見えない世界について、私が体外離脱をしたときに見たり聞いたりした体験から説明してきました。
高次世界の階層構造を順繰りに説明をしていくと、これらの世界があたかも四重の塔とか、あるいは地層のように折り重なっているような感覚を持つかも知れません。
そして霊能者やヨギなど、特別な一部の人間が体験する世界、死後の世界として、今の自分自身にはあまり関係の無い世界というように感じる方もいるかも知れません。
実はそうではありません。

PR

高次の階層世界の本質

この世界の全てと重なり合うように高次世界は存在し、全てのものと関わり、影響をしあってます。今これを読んでいるあなたとも、過去、未来、現在、今この瞬間も影響し合っています。

そしてこれから書くことが、この見えない世界の本質です。

何度か説明してきましたが、多くの場合、私たちはこの目には見えない世界を睡眠中に体験しています。私たちの心、霊、魂が、高次世界で交流を行っているからです。

心は日々の感情や行いなど、人間として人生のあらゆるデータを高次の自我へと送信します。 魂はそれを受け、今後のプランを霊と心に送信します。 霊(潜在意識)は心と魂を繋ぐ調整と実質的なプランナーとしての役割を果たします。

この時の交流や霊的な活動の記憶を、私たち人間は夢として覚えていたりするわけです。
私たちが目を覚まして日々の生活を送っているとき、私たちの霊や魂は何をしているのでしょう?私たちの心も霊も魂も、絶えず活動しています。
ただ、私たちが目を覚まして仕事や勉強をしたりこの物質世界で何かをしているとき、心(顕在意識)があまりに優位であるために、霊(潜在意識)や魂(超意識)を実感する事はなかなかありません。しかし実際には霊も魂も高次の力も高次の世界も常に働いています。

例えば愛する誰かの幸福を祈ったとき、そのエネルギーは幽界や霊界に形成され、高次の光を導き届けます。
私たちが目をつむって何かを考えるとき、感情のエネルギーが幽界(アストラル界)に形成されます。 私たちが周りの景色さえも分からないぐらい、ぼーっと自分の意志とは関係ないことを思い浮かべている時、感情や思考は幽界(アストラル界)や霊界(メンタル界)に形成されています。

私たちが何か大きな過ちを犯したとき、その情報とエネルギーは霊体の一部、に伝達され、記憶されます。 私たちは瞑想を通じて神のエネルギーを体感し、光を見つめることが出来ます。

今生きている一瞬一瞬の全てにおいて、私たちは高次世界と影響し合いながらこの宇宙に何かの変化を与え、何かを創造しているという事なのです。

良いことも、悪いことも、全ての思いと行いにおいてです。

ですから、是非、高次世界も含めた全ての世界において、自分自身が良き創造者であるように努めてください。

そうすればいずれ私たちは神の随伴者として良き創造者になることができます♪
それが私たち人間の魂の、輝ける未来の姿です♪
良い思いと行いによって良き創造者になりましょう♪

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談