超意識、潜在意識、顕在意識

人間の意識は『心』『』『』の3つの領域よって成ります。

死んで肉体は滅べば「あの世」と呼ばれる死後の世界に行くわけですが、その時からだが無くなったあとの私達は一体どのような状態になるのでしょう?簡単に言うと、私達の今の意識を引き継いで霊体の活動へと移行します。魂は私達の生と死に関わらず、常に神界のあたりに存在します。ここまで「肉体」と「霊体」と「魂」といった言葉が出てきましたが、実はそれぞれに意識があります。
心は顕在意識で、霊は潜在意識、魂は超越意識というような言葉で言い表せます。
これらの意識は死んだ後に現れるというものではなく、今この瞬間もそれぞれの意識は活動しています。
ただし、霊体と魂に対応する意識は、私達が普段の生活で認識することはほとんどありません。
この天空の庭先では、人の眠りや心霊体験、神秘体験を説明するのによく使われる言葉なので、まずはそれぞれの意識について簡単に説明したいと思います。


心(顕在意識) 

肉体に対応した意識の部分で、普段活動している人間の心です。今日は何をしようか、何を食べようかなどと考えてたりします。
願望や悩み、私たちの人間としての経験など、私たちが日常で感じている自分とは、第一の領域である心です。

霊(潜在意識)

霊体に対応した意識の部分で、心理学などで言われる潜在意識とか深層意識のような意識です。
これは私たちが普段自覚できない意識の領域なので、無意識などの言葉でも知られています。
例えば人間は1歳とか2歳の記憶はほとんど持ってませんが潜在意識はそういった顕在意識が記憶してないこともすべて記憶しています。
潜在意識は顕在意識よりはるかに広い領域を持っています。
霊という言葉から分かるように、私たち人間が霊体と呼ぶ肉体に重なるように存在する目には見えないエネルギーの身体に在る意識だからです。これは簡単に言うと人が生まれてから死ぬまでの感情や記憶の保管庫のような役割もしていて、人が眠っている間に私たちの心が自覚できないようなさまざまな活動も行っています。
例えばなにかの危険が身に迫ってたりするとそのことを必死で顕在意識に教えようとします、予知夢などにしてもその現れのひとつなのです。

魂 (超意識)

魂とは、自分自身の本質と言える部分です。
神が創り出した光のかけらで、神と同じ性質を持っています。
普段の私たちが自分の意識や心として認識している「自分」という存在をはるかに超えています。
魂は、普通の人には認識できるものではありません。
魂は、高次領域に存在するため、潜在意識よりさらに広い視野を持っています。
魂のレコードには、今世の自分が何をするために生まれてきたのか、そんなことまで含めて「自分の心、霊、魂」のすべてが記憶されていて、今なお私たちのあらゆる記憶や行動、カルマなどを記憶し続けています。
前世の記憶はこの意識領域の記憶に納められています。
この魂の領域にはさまざまな詳細なネットワークがあり、自分以外の魂の記憶や情報にもアクセスできます。

人間は大きく分けると『心』『霊』『魂』の3つによって成り意識の領域は上に書いたように分かれますが、私たちの霊的な意識や身体はこれらをさらに細かく分けて認識することもできます。

そのあたりの説明はまた後でします。

<


天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。