夢について – 夢と眠りと意識 第1話

女性の夢 自分を自分で見る

眠りと意識

睡眠は人間の自動アップデートと充電のような役割をもっています。
毎日の睡眠中に「自分」という存在の活動を 「心 霊 魂」それぞれが共有、検討し、新しい指示を与えてるのも眠りの時間です。

PR

神  (根源) すべてを創りだした宇宙意志 魂と法則の源
魂  (超意識) 神と同質につくられた私たちの本質 永遠の存在
霊  (潜在意識) 高次領域で活動する私たちの霊体と意識
心  (顕在意識) 現在の私たちの心

 

3つの意識領域

私たち人間は、3つの意識領域をもちます。
心 霊 魂 それが強い結びつきをもつのが、毎日の眠りという時間です。

面白いのは、私たちは、心と霊と魂をひとまとめに「自己」と言えるのです。
例えば、眠っているときに夢の中で何かをしている自分を遠くからもう一人の自分が見ている。こんな夢の体験、だれでもしたことがあるのではないでしょうか?
これは私たちの意識が、それぞれが3つの異なる領域に対応して別々の役割と主観をもっているからなんです。

ここでは3つの意識領域についてもう少し詳しく説明をしたいと思います。

心  (顕在意識) 現在の私たちの心
私たちの身体に宿る「心」です。今この記事を見ているあなたの認識が心の意識領域になります。
例えば、今日見た映画の内容や、日中やっていた事、仕事かもしれませんし家事かもしれません、考えていた事、やっていた事、あなたの身体に宿る心と意識が体験し、蓄積させた情報が夢の内容となって現れる可能性があります。

霊  (潜在意識)
肉体に重なり合うように存在する見えないエネルギーの身体です。
無意識とか潜在意識と人間の深層意識などと呼ばれている意識のより深い部分がここにあります。
霊感とか第六感みたいな能力が発現するのはこの領域の意識からになります。
肉体に宿る心とは別の主観を持つために、私たち人間はこの領域の自分の意識を自由にコントロールする事が普通は出来ません。
ですが、今の私たちの心が世界を認識して自分の意志で行動しているように、この領域の自分の意識も、別の主観で世界を認識し、自分の意志で行動しています。

例えば、あなたが寝てる間、あなたの霊体が勝手に困っている人を手助けしているようなことがもしかしたらあるかもしれません。
だとしてもあなたはその事を認識できませんし、記憶にも残っていないでしょう。同じ自分でも異なる認識を持つ自分だからです。
ただ、そのときの記憶が夢の中に現れる事はあります。
そしてもし、心と霊の認識を一つに出来たなら、霊的な世界を見たり体験する能力を手に入れることが出来ます。
いわゆる霊能力ですね。この事はまた別の機会に詳しく触れますね♪

魂  (超意識)
説明が難しいのでたとえ話をしましょう。
例えば今生きているこの心と身体がラジコンカーの車だったとします。
それを遠くから自在に動かし、コントロールしているコントローラーが霊で、そのコントローラーを操作しているのが魂です。
信じられないかもしれませんが、今この記事を読んでいるあなたは操られているラジコンの車のようなもので、それを操っている根源的な自分が「本当の自分」なのです。
人間が生まれ変わるなんて話しがありますよね。輪廻転生という言葉で知られていますが、それは本当にある事で、そして人間が何回生まれ変わっても、「本当の自分」魂は永遠不滅の存在なので魂がこの世界に生まれてから今日までの全ての記憶を持っています。
前世の記憶を持っているとか、それを夢にみるような人は、この領域から発露してくる情報を今の自分が受け取っていると言えると思います。

私たちの心が清められ意識が明晰になれば、霊的な領域の情報や魂の記憶などを、眠っている間や意識を沈めたときに、よりハッキリとした形で情報を受け取れるようになります。

眠りは毎日訪れる臨死体験で、人は誰しも眠っている間は無意識の霊能者です。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

285,342 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談