チャクラと瞑想

チャクラと瞑想
チャクラ

チャクラ人間の身体に7つあるとされる霊的な中枢です。気やオーラ、生命エネルギーなど目に見えないさまざまな霊的なエネルギーを制御しています。
瞑想によってチャクラは開かれます。そのためには、心を清めて愛を持って生きることが必要不可欠です。
チャクラとはサンスクリットで円、車輪、などを意味する言葉ですが、実際に霊視能力のある人間が視ると、円形で車輪のようにくるくると回っています。
神秘家たちは、未覚醒でゆっくりと回転するチャクラが「閉じている」状態、活発化して回転が速まっているチャクラを「開いている」状態と言い表してきました。
最終的に7つ全てのチャクラが開いたとき、頭頂のエネルギー(オーラ)が開いた花のように見える為、開くという表現が使われてきたのかもしれません。
チャクラを開き覚醒することがかつての神秘家たちの目標であり、私たち人類の全ての人間にとっても、霊的な覚醒段階を迎えることは共通の目的です。
日々の正しい想いや愛のある行動と、瞑想が結びついたとき、チャクラは穏やかに、安全に、そして確実に開かれてゆきます。

PR

 

チャクラと人間

チャクラと瞑想のお話の前に、まずは前提の話ですが、チャクラは誰にでもひとしく存在します。
人間の有名なのはセンターラインに存在する7つのチャクラですが、それ以外にも中チャクラ、小チャクラと呼ばれるさまざまなチャクラが体中に無数に存在します。
チャクラはだれでも生まれつき備えていますが、幼少期は身体の成長に合わせてチャクラも形成していくため、未発達ですしアンバランスです。
余談ですが、発達段階である幼少期の方がチャクラの動きが活発であったり、アンバランスであるために、霊的なさまざまなものを見えたり、感じたりします。

5~6歳になる頃にはチャクラも安定し始め、幼少期ほどは霊的な体験をすることはなくなっていきます。
神と魂の管理下にある、第二チャクラ、第四チャクラ、第七チャクラも封されるため、幼少期の包まれている感覚や、守られている感覚もなくなり、痛みに敏感になるのもこの時期です。

チャクラは普通、とてもゆっくりと回っています。現代に生きている多くの人たちのチャクラは、とてもゆっくり回っています。
それはつまり、「チャクラが閉じた」状態であるということです。時代や地域にかかわらず、チャクラが開かれた人間はごく少数です。

なぜ、かつての神秘家たちは7つのチャクラの覚醒を目指したのでしょう?
七つのチャクラ開かれている状態とはつまり、霊的に浄化され、カルマから解放された状態であるからです。
言い換えると、霊的に浄化されて、カルマを解脱した状態になれば7つの封印は解かれてチャクラが覚醒するということです。

カルマの解脱、神化、アセンション、言葉はいろいろありますが、人間が、そして人類が次の段階へと進むためのステップです。

スピリチュアルな界隈の人たちがチャクラを開き覚醒させようとさまざまに取り組む一番の理由は、チャクラの覚醒はイコールで霊能力の覚醒にもなるからです。
例えばこの記事を書いている天空の庭先の管理人であるわたくし☆ウリエル☆には、救われない霊を浄化したり、人の病をエネルギーで治療するヒーリング能力、オーラを視る能力、肉体を抜け出す体外離脱など、さまざまな霊的能力があります。
これらの能力はチャクラの覚醒と共に目覚めていった能力です。

PR

チャクラを開く意味

チャクラを開く方法というものは存在するのでしょうか?
それは世界のさまざまな霊的な修行体系の中で秘伝として伝えられています。
霊的な能力の開発や、オーラや瞑想などの情報とともに、チャクラの概念も世の中に知られるようになりました。
曼荼羅やマントラをつかった修行法や、幾何学模様や特殊な周波数の音をもちいてチャクラへ刺激をあたえるような訓練法も世の中には広まっています。

チャクラ覚醒のために瞑想に取り組む人も今では大勢います。
かつてオーラの泉というテレビ番組があり、江原さんというスピリチュアルカウンセラーがオーラや守護霊を霊視していました。
世の中にスピリチュアルカウンセラーという言葉が広まったキッカケとなった番組です。
現代のスピリチュアルカウンセラーや、スピリチュアルカウンセラーを目指す多くの人たちにとって、霊能力というのはカウンセリングをする上で必須の能力だからです。

スピリチュアルカウンセラーを目指していない人でも、霊能力や超能力に憧れを抱く人たちや、それを欲する人たちは、チャクラを開くためにさまざまな修行や試みを行っています。

もし7つのチャクラが開かれたなら、その見返りは大きく、自分の人生はもちろん、他人の人生までも変えられるような力を得るでしょう。
ただし、無理にチャクラを開こうとしたなら、チャクラを破損させたりアンバランスに開くリスクも大きく、霊媒体質や精神異常を引き起こすなど、自分自身の心体や人生を破壊してしまうリスクもあります。

チャクラと人間の話でも少し触れましたが、チャクラを開くというのは本来の目的ではありません。
本来の目的は、霊的な浄化やカルマの解脱であり、心を清めて愛を持ち、霊徳を高めた結果として、チャクラは開かれてゆくのです。
つまりチャクラが開くというのは、心を清めて愛を持って生きたうえで身に起きる、あくまでも副産物です。

PR

瞑想とチャクラ

瞑想を正しく行えばチャクラは開かれてゆきます。
ただし、繰り返しお伝えしてきたとおりチャクラを開く事自体は本来の目的ではありません。
大切なのは心を清めて愛を持って、それを人生に体現する事にあります。
チャクラ覚醒のために大切な事を4つ順序立てて説明します。

1霊徳を高める
2カルマを浄化する
3心と体を浄化する
4瞑想や霊的な修行によってチャクラを浄化し、活発化する

数字が少ない順に優先順位がたかいものになっています。
瞑想や霊的な修行に関しては4番目です。
1~3に取り組まないで瞑想や霊的な修行にばかり注力する人たちは、我欲を清める事なく霊的な力を強めている人たちなので、私に言わせれば「黒魔術師」です。
現代のスピリチュアルカウンセラーは表面上はニコニコしていても、名声や報酬を求める黒魔術師ばかりです。

大切なのは1~3です。
心を清めて愛を持って日々を生きていればチャクラは自然と、そして安全に開いていきます。

PR

1.霊徳を高める

霊徳とはいったい何でしょう? 簡単に説明するなら霊徳とは「プラスのカルマ」です。
私たちの悪い行いが、マイナスのカルマとして蓄積して来世に巡ってくるように…
私たちの良い行いは、プラスのカルマとして蓄積して来世に持ち越されてゆきます。

霊徳の積み重ねはある意味ではエネルギーの貯蓄のようなもので、霊徳の高い人間は聖霊に満たされていますし、強い輝きのオーラを放っています。
その輝きがあれば、高次の聖なる存在たちは心正しい人間と見極め、いつでも手助けをしてくれるでしょう。
そしてプラスのカルマでマイナスのカルマを相殺することもできます。

例えばカルマの法則で言えば、100人殺した人間が100回殺されなければ帳尻が合わないようにも思えますが、神の慈悲の法則は、人間の正しい行いによって人間が受けるべき報いを軽減してくれます。
積み重ねた霊徳によって、他人のカルマを代済することもできます。

霊徳の積み重ねによって満ちる聖霊の力が、体中に存在するチャクラを活性化させます。
心正しく生き、霊徳を高めることが、チャクラの覚醒にとって何より大きな影響を与えます。

PR

2.カルマを浄化する

霊徳を高めることはプラスのカルマを蓄積することであるとお話をしました。
カルマを浄化するということはマイナスのカルマの蓄積を解消することです。

カルマの法則に従って言えば、まずは「行為」があり、それにたいしての「報い」が訪れます。
良い行為であれば、良い報いが訪れますし、悪い行為であれば悪い報いが訪れます。

ですから、人生で起きる辛いこと、苦しいこと、不幸な出来事はすべて、自分の「行為」から招かれた「報い」です。
言い方を変えると、辛く苦しい出来事や不幸な出来事によって、ひとは成長し、自らのカルマを精算して自由と霊的な覚醒に近づいていくのです。

カルマを浄化するために「報い」をうける意外に出来る事は、最初に説明した「霊徳によってマイナスを相殺する」ことです。
辛く苦しい時ほど、人に与えたり、人を助けたり、思いやりを持って生きるようにしてください。

各チャクラの記事で説明してきましたが、マイナスのカルマやそれに紐付くマイナスエネルギーの蓄積は各チャクラに起こります。
つまり、悪想念であれば第二チャクラに蓄積し、第二チャクラを不活発にしますし、悪感情であれば第三チャクラに蓄積し、第三チャクラを不活発にします。
マイナスのカルマが少なくなるほどにチャクラを鈍くする重しは消え去り、スムーズに回転するようになります。

PR

3.心と体を浄化する

これは「霊徳を積む」話や「カルマの浄化」の話とも通じますが、それをもっと私たちの日常生活によせて考えた場合、心と体の浄化はとても大きな意味を持ちます。
身体を浄化するためには、バランスの良い生活習慣や、食生活が必要になりますし、それを実現する為には、自分の心から我欲を清めて自分の一日の行動をしっかりと律しなければなりません。
例えば、運動不足や、肥満などは第一チャクラ、第二チャクラ、第三チャクラを不活発にさせますし、利己心や愛のない行動は第四チャクラを不活発にさせます。
霊的な向上心や理想を欠く生き方は、第五チャクラ、第六チャクラを不活発にさせ、第七チャクラの覚醒を遠ざけます。

私たちが霊徳を積み、マイナスのカルマを浄化するための基盤となるのが「心と体の浄化」です。

PR

瞑想でチャクラが覚醒する

さて、いよいよ瞑想とチャクラの話です。
インターネットでチャクラの覚醒についてしらべたり、書店でチャクラに関する本を見ると色々とやり方が書いてあります。
どれも本質をそれたものや、やり方を違えたもの、歪めたものばかりです。
今回お話した「霊徳を高める」「カルマを浄化する」「心と体を浄化する」ということを心がけていたなら、瞑想や霊的な修行などしなくてもチャクラは覚醒してゆきます。
穏やかに、そして安全に。ですが、正しい瞑想を同時に行えたなら総合的な浄化のスピードは増し、霊的な覚醒が早まることはもちろんあります。
私からは瞑想の前にまずは2つのことだけをオススメします。

ひとつは正しい呼吸法を日々適切な時間行うこと。

ひとつは、内省によって自分自身と向き合うこと。

もし呼吸法と瞑想が正しく行えているのなら、次のプロセスである瞑想に進むことをオススメします。
瞑想のやり方は特別なものなど何もありません。この天空の庭先で伝えているシンプルなやり方で十分です。
ただし、瞑想には有効な時間や姿勢といった条件や、瞑想自体にもさまざまな危険性がありますの。

瞑想について詳しく書かれた特集シリーズがありますので、これから瞑想をはじめたいという方は参考にしてみてください。

瞑想自体のやりかたを詳しく知りたいという方は、こちらの記事が実践編になります。

PR

瞑想で起きるチャクラの変化

最後に、瞑想をすることでチャクラにどのような変化が起きるかを説明します。

まず正しく瞑想を行うために3つのことをお話しました。
1霊徳を高める
2カルマを浄化する
3心と体を浄化する

霊徳を高めれば心身に聖霊は満ち、カルマが浄化されればチャクラの重しは取り除かれます。
心と体が浄化されると、我欲が消えさり、心や日常生活のコントロールが容易になり、体内のエネルギーラインが浄化されて前進にエネルギーが行き渡りやすくなります。
「内省」によって自分自身をみつめ、そして翌日の行動に変えていく、その繰り返しであらゆる浄化を進めていくことが出来ます。

この天空の庭先では、セルフヒーリングやヒーリング、内省や瞑想と組み合わせに「呼吸法」の話がよくされます。
呼吸は自分の体外にあるエネルギーを体内に取り入れることが出来、自分の体内にある汚れたエネルギーを体外に排出することが出来るからです。

日々、心を清めて愛を持って生きていると、私たちの心身、カルマの浄化は進み、祈りや瞑想、呼吸によってより多くのエネルギーを取り込む事が出来るようになります。

PR

チャクラは水車に似ています。
あなたの身体の中心には7つのチャクラをつなぐ大きなエネルギーの流れがあり、そのエネルギーの流れによってチャクラは水車のようにくるくると回ります。
そしてチャクラが回るとまるで水力発電のように霊的なエネルギーを帯び始めます。
チャクラの回転によってつくりださたエネルギーは、身体の治癒やオーラの修復など、さまざまな用途に使われます。
全身やチャクラにエネルギーが十分に充足すると、通常では扱うことの困難なさまざまな霊的な能力が発現し始めます。

もしあなたの体内のエネルギーが減退し、外からも十分にエネルギーを取り込むことが出来なければ、チャクラは回転をとめ、心身や霊的なエネルギーは弱まってしまうでしょう。
もしあなたが心身ともに浄化され、祈りや瞑想によってより大きなにエネルギーを取り込む事ができたなら、チャクラは回転を速め、より多くの霊的なエネルギーを生産し、オーラは強まり輝きますでしょう。

心を清めて愛を持って生き、正しい瞑想を行ったなら、私たちはより大きなエネルギーと力をその身に受け取る事が出来ます。

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

1,678,917 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. ひまわり

    ウリエルさん、こんにちは。

    昨日のメールに、参考になる記事のアップを早々にして頂き、本当に有り難うございます。心からウリエルさんに感謝します。
    自分なりに霊徳を積む努力をし、心と身体の浄化をしていこうと思います。

    現在、過去記事を少しずつ読んでます。これからも楽しみに応援してますね。

  2. Aiko

    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    愛を持って誠実に生きる。
    定期的にこの言葉を思い出し心を無くさないように心がけます。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談