生きるのは辛く苦しい – 人生とは 第2話

頭を抱える女性
迷い・苦しみ・痛み

生きることは苦しい、それはある意味当たり前です。

普通、人間にとって人生を生きていくことは決して楽ではありませんし、むしろ迷いと苦しみを伴うとてもつらい道である事の方が多いでしょう。
もし 私たちが、気持ちよくぷかぷかと漂い、いつも満腹で、いつも満たされて、いつも愛されてただ存在するだけの宇宙の粒子のような生き物だったらならどんなに楽でしょう♪
この地上世界に生きる人間はそんなふうには創られてないのです。
何故生きることは苦しいです。
苦しみのまったく無い人生などありえません。
それに、身に起こるあらゆる出来事は自分自身の感じ方で大きくかわりもします。
親切を受けたとき、余計なお世話と感じるか、ありがたいと感じるかそんな事さえも自分自身の感じ方次第です。
生きていればさまざまなことが身に起きます。外から来る出来事は全て要因であって、それらの事柄に結論を与えているのも自分自身です。

PR

仏教に六道という思想があります。

「人界」「天界」「餓鬼界」「修羅界」「畜生界」「地獄界」
人はこの6つの世界を輪廻するという思想です。

最初に生きることは迷いと苦しみを伴うとてもつらい道と述べました。
六道(りくどう)とは仏教において迷いあるものが輪廻するという6種類の世界のことです。
この六道について、よく考察したならば、この六道(りくどう)は世界は死後やどこか別世界にあるのではなく、六道(りくどう)のすべての世界が私たちが今暮らし住んでいるこの地球上に存在すると言うことがわると思います。

人が犯した罪を償う場所でも有るこの地球には、カルマの返済過程にあり、今なお戦いに明け暮れている人たちが居て、飢えている人たちが居て、飢えに苦しむ人たちが居て、まるで地獄のような苦しみを味わっている人たちが居る。

なぜ幸せになれないのかと考える方が大勢居ます。
この地上世界は万人が幸せだけを感じて暮らしていけるようになどはなから作られていません。なぜならばここは学びの場で、私たちは学びに来ているからです。
この地上が住みにくいのであれば、それは人類が生きてきた結果でも有ります。
つまりそこには、前世の私たちも含まれています。

たまに 「生きるのがつらい」 と甘えたことを言う人が居ます。
実は自分も何回も口にした言葉です(笑)
まず理解していただきたいのは、 人間として生きるという事自体が、多くの人にとっては本来らくな事ばかりではなくつらいことも多いのです。

沢山の富を得ている経営者であっても、会社や社員の行く末、企業の舵取りなどたくさんの迷い、そして苦しみや痛みを抱えています。
華やかにテレビに登場する芸能人も然りです。
人それぞれの環境で様々な苦悩を持っています。

しかし、救いが無いわけでは有りません。
六道で言うなら天界もまたこの地上世界に存在するからです。

自分に向けられる心からのほほ笑みの中に、自分を思いやってくれる人の優しさの中に、相手を思いやる自分の優しさの中に、私たちは愛と救いを得ることが出来ます。
神はこの地上世界を学びの場としましたが、この世界を苦しみだけの世界にはしなかったのです。
私たちの世界にはたくさんの苦しみや試練があるかもしれませんが、私たちは自分自身の人生やこの世界も、私たちの心次第で、楽園のように感じ、天国のように変えていけるのです♪

胸一杯に希望と愛を満たし、より良い未来を築くために生きましょう♪

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談