具現化と実現

白い扉の画像

具現化と実現… 想念は具現化し、やがて実現します。


 

運命と宿命を超える人間の自由意志

人が運命や宿命と呼ぶものは確かにあります。
運命や宿命によって人より辛い人生に生まれる人も確かにいます。
ただ、それは単なる不運で辛い人生を生かされているのではなく、しっかりとしたと理由があります。
私達の魂は、自分の過去の行いを償うためであったり、自分をより高く成長させるために最適な人生を選んで生まれ変わってきます。
このシリーズでは、私達人間が運命や宿命と呼ぶ力、そして何故辛い人生を生きなければならないのか?その理由。
そして運命や宿命を乗り越える力の秘密や、人生を豊かに変化させるために必要な事をが書いてあります。

具現化・実現

宇宙の法則と豊かさ

宇宙の法則と豊かさ

人は二人の主人をもつことはできない。富と神に同時に仕えることはできない ...
幸せとお金と宇宙の法則

幸せとお金と宇宙の法則

人は、たとえ全世界を得ても、いのちを損じたら、何の得 がありましよう。 ...
思想や宗教への依存

思想や宗教への依存

幸せと幸福の実現を阻むもの 幸せの法則は私たちが「自分が今幸せである」 ...
豊かさと幸せと分かち合う心

豊かさと幸せと分かち合う心

豊かさと幸せと分かち合う心 豊かさや幸せとはなんでしょう? それを物質 ...
チャクラに蓄積しているエネルギー

チャクラに蓄積しているエネルギー

人間が内に秘めているエネルギー 私たちが前世から持ち越した感情のエネル ...
実現と具現化を阻む2つの要素

実現と具現化を阻む2つの要素

言霊がいかに強い力と影響力を持っているかについてお話ししてきました。 ...

 

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪瞑想歴27年、オーラ見える歴25年、ヒーリング歴26年、浄霊歴23年、オーラ視、浄霊、ヒーリング、などなど、いわゆる霊能力と呼ばれる力を持っていて、占星術など占いの分野やオカルトなど、スピリチュアルな分野に精通しています。 これまでの人生でのスピリチュアル体験から得たことを記事にしています♪ 関わる人全てに豊かになって欲しい。それが私の願いです。 <strong>霊能力が身についたキッカケ</strong> 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/experience/">体験談</a> <strong>天空の庭先オープン</strong> 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 <a href="https://arcangel.jp/archive/">ブログアーカイブ</a> 「☆ウリエル☆」というハンドルネームは、宇宙の運行や浄化を司る天使の名前を借りました。横の2つの☆は当時の楽天ブログでウリエルというハンドルネームがすでに取得されていたために、仕方なく横にくっつけたのですが、この☆のおかげで姓名判断や数秘術でとてもよいハンドルネームになりました♪ 「天空の庭さき」というブログとサイトのタイトルは、天の国のかたすみ、みたいなニュアンスで命名されました。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。  

プロフィール



関連記事一覧

  1. blankエノキ

    こんにちは
    最近、具現化するスピードがとても早くなってきているので(ちょっとしたことなら自分が魔法使いになったか?くらいに)こちらの記事を読ませて頂こうと思ったのですが、具現化・実現のところが英語と数字になっていて、文章が読めなかったのでお知らせしようと思いました。
    後、少し前から最初に読むページのイラストが少しすると消えてしまいます。その下の横にスクロールしていくタイトルの一部が白くチカッと(サブリミナルのような?)するのも、何回確認してもなるので自分のスマホが変なのか?ちょっと気になっていたのでお知らせします。