創造の力

空と太陽の光
ブログ

こんにちわ♪

PR

ご心配をおかけして申し訳ありません。
風邪とか病気という訳ではないのですが、色々あってエネルギーの消耗が激しく、すこしへばり気味でした。
それでも身体の方は今はもうだいぶ良いです♪

いつもありがとうございます。

メールの返信がだいぶ滞っていて申し訳ありません。
現在の自分の状態は霊的な力が鈍っていますのでご相談に最善のお答えが出来ないと思い、返信を一時止めています。
状態が良くなりましたらお返事いたしますので、もうしばらくお待ちください。

シンボルはまたちょっとお休みで、今日も今内から自然と出てくるものを何か書いてみようと思います♪

○創造の力

私たちはまず自分を知ることで神を知る事が出来ます。
神を知ると、私たちはより良く、より正しく生きるために自らの知識と知恵を使うことを始めます。

神を知るろうとする事と、自らの知識と知恵を正しく使うことは同じで、これを実践する事で、私たちはこの世界の裏にも表にもある神の法則を理解していく事になります。

その法則を使えば、私たちは必要な物を生み出し、必要な未来を作り出し、成りたい自分になる事が出来ます。

知識と知恵が増し、私たちがこの世界の法則を知るほどに、具現化や実現の力を知るほどに、私たちは自分が得た知識や知恵に対する、つまり神にたいして責任を持つことになります。

それと同じくして、私たちは自分が創りだしたもの、必要で引き寄せた物、望んだ未来、自分自身にも責任を持たなければなりません。

例えばそれが、物であれ、ペットであれ、車や家であれ、人間関係であったとしても、引き寄せたり創りだした以上それを無責任にあつかう事は出来ません。

私たちは何でも創造する事が出来ますが、それは自分が創造したものに対して全ての責任を持つことも同時に意味します。

今日私が書いていることは、成功哲学や引き寄せの法則などの形で世の中に広まっている「人間の創造の力」の裏側を明かすものです。
人間の欲望に都合の良いだけの力などは何処にもありません。

私たちは何でも創り出す事が出来る、なのに何故人はキリストのように人を癒したり、死者を蘇らせるような力を持たないのでしょう?

神がごとき力を自在に操るのに必要なものは神がごとき自己です。

その為の近道も何処にもありません。

私たちの人生の中に自分が表す、正しく扱われる知識や知恵、愛に満ちた全ての言葉や行いこそが私たちを神へと近づけるのです。

愛により神に近づくほどに創造の力が増します。
創造したものへの絶対的責任を果たす事とは、言い換えれば愛です。

神を愛し、神の道を行く者が創造者です。

そして人はいつしか神と同じ創造者となり、唯一絶対的な神の随伴者となることが出来るのです。

■心を清めて愛を持って生きる事を一緒に広めてくれる人はポチをお願いします♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. posa

    SECRET: 0
    PASS:
    私もちょっとお疲れ気味です。
    風邪ではないのです、気持ち的につかれたぁ?って感じです。
    先週のコメントは2重になってました、失礼しました。
    瞑想は3年目に入りました。
    時間が過ぎるのは早いです。
    明日のことを考えると欲が生まれますね。なかなか思い通りにいかなくて、怒ったり、投げ出したり、人を妬み恨む、明日何食べようかと考え、もっともっと美味しいものを食べたくなる。明日着る服を考え、もっといいものが欲しくなる。
    人は自分の収入にあと20%プラスできれば、生活は豊かになると考えているそうです。
    これじゃ、永遠に尽きないですね。
    動物たちは先の事は考えていないそうです。
    理由は、食べ物を残すことをしないから。
    食料を保存したり冬眠するのにたくさん食べるのは、子孫を残す本能のためで、欲のためにやっていないとか。
    私たち人間はこの世を支配しているがごとく威張り散らしていますけど、弱い立場の人、動物、植物から学ばなければならないことは沢山あると思います。

  2. ちょっちょまん

    SECRET: 0
    PASS:
    自分を知れば知るほど、自分が引き寄せた現実、その責任において苦しくなり逃げ出したくなる事があります。
    それでも、神の愛にふれた時、苦しさ・辛さを創り出した事から得られる、より大きな「喜び」と「感謝」の思いに溢れ、その「幸せ」を人と分かち合いたくなります。
    「愛」を分かち合う時、「喜び」と「感謝」はさらに大きく広がります。
    私は、自分とは何か?人間とは何か?「多くの事を知りたい」です。

  3. yuu1325

    SECRET: 0
    PASS:
    >私たちは自分が創りだしたもの、
    必要で引き寄せた物、望んだ未来、自分自身にも
    責任を持たなければなりません。
    ______
    ある日 引き寄せた物や 人間関係が
    間違いだったり 自分の生命の危機
    の事件が 起こりました。
    引くに引けなくて 命の危機を 
    感じながら 人の助けを借りて
    何とか 切り抜けました
    自分の物差しで 無防備に 
    人を信じ過ぎる事は
    危険だと知りました。
     
    切り抜けるために
    複数の人に助けられ
    学んだ事も 多かったです。
    不自然な未来 
    無理に引き寄せようとした未来は
    幸せな未来へは つながらないようです!
     

  4. あなたのまばたまきを祝福します

    SECRET: 0
    PASS:
    あなたのまばたきは神々があたえたもうたものです。よってあなたのためではない。あなたはあなたの試練となかよくなる勉強中です。総てしっています。あなたに最上位の祝福をこめます。苦しくなったら私に救いを求めなさい。あなたの下部
    不動明王

  5. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    posaさんこんにちわ♪
    posaさんもお疲れ気味なのですね、心が疲れると
    身体も疲れた感じになりますから、そんな時は
    散歩とか読書とか昼寝なんかがお勧めです♪
    瞑想歴3年、もうそんなに成るのですね、
    時間が過ぎるのは早いなと思います。
    人は我執に捕らわれると心のコントロールが
    困難になりますね。
    未来の事、こうであって欲しい、こう有りたい、
    食べるもの、着る物、住むところ、思うように
    出来ないとストレスを感じたりします。
    自分の収入に20%プラス出来ると生活が豊かに
    なれると言うのは面白いですね♪
    私は貧しく育ったので、今が十分豊かだと感じています♪
    豊かさは外からではなく自分の心の内からくる
    ものだと私は思います。
    人間はこの地球に境界線を引いて、ここからここは自分の
    物だと言いだし、もともと地球にあるものを取っては
    ため込んで自分のものだと言いだし、貧しさを撒き
    散らして居ます。
    動物たちは本能に従って生きていますが、私達人間の
    多くは欲望に従って生きていると思います。
    私達が動植物のように、あるがままの生き方が出来たなら
    人はもっと気楽に生きていけると思います♪

  6. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    ちょっちょまんさんこんにちわ♪
    一回の輪廻を人間の一日に例えるのであれば、
    私達のこの一生とは、朝起きてから働いて夜
    寝るまでの時間であると思います。
    つまり楽ばかり出来ないなぁと(笑)
    そして死は夜の眠りであると思います。
    私達の人生は寝て過ごすものではなく、自らの
    活動を通して様々な事を学びますね♪
    愛を学べるのは最大の喜びです♪
    >私は、自分とは何か?人間とは何か?「多くの事を知りたい」です。
    面白い話がありますよ、ある高次の存在が、
    「自分はまだ神を知らない」と言いました。
    私自身も神を知っているかは定かではない
    と思いました。

  7. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    yuu1325さん
    想念であれ、法則であれ、私達の身に
    起こる事の原因は、私達自身による
    ものだと思います。
    でもそれは学びであったり、あるいは
    浄化であったり私達を上へと
    引き上げてくれるものでもあります。
    私達は、自分の行いや言葉が、
    どのような動機によるものなのか、
    どんな未来を引き寄せるのか、
    よく考えて生きなければならないと
    思いますね。
    良い未来を自然と紡いでいけるような
    自分になりたいですね♪

  8. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちわ♪
    「あなたのまばたきは神々があたえたもうたものです。」
    良い言葉ですね♪
    私には自分の髪の毛一本白くも黒くも出来ません。
    祝福をありがとうございます♪