こんにちわ♪
人間に食される植物を例えると、たぶんこんな感じです。
彼らは自然と調和して生き、彼らは友愛に満ち溢れ、彼らは生きる意欲とエネルギーに満ち、成長や繁殖を競い、時には争うが、恨まず、そしてあらゆる結果を受け入れ、何時も友愛に満ち溢れています。
彼らは動物や人間に食される時、痛みに似た刺激を感じ、それを記憶し、時にはそれを恐ますがあらゆる運命を受け入れます。
彼らの命はまるで水のように、ついたり離れたりを繰り返し、そして命の循環の中で一体性を持っています。
食についてはこんな感じです。
その友愛と一体性の中には、私たち人間や動物も含まれているために、植物を食する事で生まれるカルマは動物を殺し食する場合に比べて極端に少ないです。そして植物は食される痛み以上に、自分に向けられる愛を感じ取ります。
ですから、自分たちに水を与えてくれる人の事も記憶します。
私たちが愛を持って接する限り、私たちは、地球の一体性と友愛の中でともに生きていくことができます。
カルマには結果よりも動機が強く作用することはこれまでも書いて来ましたが、食も同様で、
命を弄び、暴飲暴食に興じるのと、感謝の気持ちをもち、必要なだけ分けていただくのでは、そこに生み出せるカルマには大きな違いがでてくる事でしょう。
ここでも、一番大切な事は愛って事です♪
いつもありがとうございます♪

■心を清めて愛を持って生きる事を一緒に広めてくれる人はポチをお願いします♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で