愛とヒーリング

こんばんわ♪
いつまでちゃんと続くかわかりませんが、週末には庭先に日記を書くようにしようと目標を立てました。
書きたいことはこれまでも沢山あったのですが、時間がない事を理由になかなか書けずに居ました。
最近世の中は急速に変化していて、スピリチュアルな事に興味を持つ人や、自己の霊的な成長に真剣に取り組む人達も沢山増えてきました。
スピリチュアルは思想やさわりの部分に関しては沢山本もあるし、ネットで調べる事もできます。
ですが、まだまだ情報の手に入りにくいテーマは多いです。
実質的な部分の情報が不足しているように思います。

 

人から受けるマイナスエネルギー

例えば最近テーマにしている、「人から受けるマイナス」の事とか、困ってる人は沢山いるのに、ちゃんとした回答が無かったり。私自身もよく思いましたが、探している本当に知りたい情報の部分は、曖昧だったり、語られていない事が多い。

もちろん私自身も全てをここに書ける訳ではありません。
霊能力の誤用はとても危険な事ですし、いたずらに超能力開発をして、他人に迷惑をかけるような人も世の中には沢山いるからです。

ですが、私のできる範囲で、できるだけ回答を出していきたいなといつも思っています。

今日は質問も頂いたので前回の日記の補足です。

ヒーリングできるできないの基準についてです。
ヒーリング能力自体は全ての人間が本来持っている力です♪
その力の強さは素人から金メダリストぐらいまでの個人差があります。

軽い「手当」は初歩的なヒーリングです。
たとえばお母さんが転んだ子供をさすって「痛くない痛くない」ってするのも初歩的なヒーリングと言えます。
ヒーリング能力の強い弱いはつまる所その人の愛の大きさ、それが癒しの強さといった感じです。
ヒーリング能力そのものは誰でも持っていますが、相手との間におきるエネルギーの交流まで分かるというのが次の段階です。
人のマイナスを受けるのもこの段階にきた人達に主に起きます。
前の日記の(3)の場合はエネルギーの交流は分かるけど実際にはヒーリングなど意識的にした事の無い人達を差してます。
感じる段階に居るから、初歩より強いヒーリング能力を持っているって事なんです。

ただ前回の表に当てはまらない例外な人も世の中にはたくさん居ます。
チャクラがアンバランスな人達です。

できるできないで言えば、ヒーリングは誰にでもできます♪
ただ、正しく効果を出すためには、正しい知識と、有る程度高いヒーリング能力(愛)が必要になります。

人それぞれのヒーリング能力の強弱に関しては、判断は難しいと思います。
実際自分が誰かを対象に手当したり、エネルギーを流してみて、どれぐらい対象のコンディションが改善されるかを洞察するのが一番分かりやすいやり方だと思います。
エネルギーを知覚する力のある人に聞いてみても良いかもですね♪

あと、人が本来持つヒーリング能力とはまた、違う方便で「ヒーリング」という言葉があります。

それは、手当であったり、遠隔であったり、エネルギーワークのようなものであったりさまざまですが、この場合のヒーリングとは、スピリチュアルな癒しのスキルを現す方便になっています。

スキルを使ったヒーリングは、桶の中いっぱいにくまれた水の中の汚れを取るのに似ています。

軽い汚れは上辺に浮かびます。これを取るのは手を濡らさず汚さずできるので簡単です。

でも重たい汚れは水の中に混ざるし、水の底に溜まって淀みます。

これを取り除くには手を入れて底の汚れを上手に取ったり、汚い水をこぼして新しい水をじゃんじゃん入れたりします。

私の知る限り、世の中の商業的なヒーラーや、庭かヒーラーの多くは、上辺の汚れを取ることしかできません。
「覚悟」と「愛の絶対量」が不足しているからです。

不健康な人の体のエネルギーは汚れています。
汚れを外に流し出し、新しい綺麗なエネルギーで満たしてあげなければなりません。

スキルを使ったヒーリングを理屈で言うとこんな感じです。

スキルも大事ですが、「愛」 一番大事なのは「愛」を原則とする心です。

あなたを友人に持ったからいつも笑顔で居られる。
同じ空間を共有してるだけで、すでに癒されている。
本当のヒーリングとはそのようなものだと考えています。
ヒーリングは生き方そのものであり、愛と一体の心を持って生きる人は、スキルなどなくとも、みな素晴らしいヒーラーです。

愛とは神そのものです。

ヒーリングは神とあなたの共同作業であるべきなのです。

 

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

997,320 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. 大輪明王

    SECRET: 0
    PASS:

    私もDANCEが神へのサクリファイスになるように
    踊っています。NO.305DJの後ろで踊っています♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    日記で説明して頂いて、ありがとぅござぃました♪
    とても分かりやすかったので、同じ疑問を持っている人も解決したと思います?☆
    自分はパイプになって神様エネルギーで人を癒すのがヒーリングなんですね! そぅでした、そぅでした!!
    エネルギーの個人差は、素人級から金メダリスト級まであるとはビックリましたょ??
    実は今、父が原因不明の膝の故障で 杖付いて歩いてるので、何とか治せないもんかと悩んでたんです。。。。
    まずは人を癒す前に、自分のエネルギーをしっかり保たなくてはですね(笑)
    うっかりマイナス受けまくって、ついに私も膝がおかしくなって&体調不良に陥っていまふ??^^;
    瞑想してキレィにしま??す(笑)

  3. 巽屋

    SECRET: 0
    PASS:
    ふむふむふむφ(..)
    とりあえず、私は、自分の状態を安定させる所から考えます。
    安定したら、普通?の生活が送れるかもしれませんし。
    クライアントの中にも、チャクラのバランスの悪さから霊能力を持っている人や、能力の開発にのみ関心のある方が、多くいらっしゃいます。
    そこから、霊能者にはまってしまったり。。。
    怖い事だと思いますけど。。。能力者になると人生が開けると思うらしいので、止めようもなかったりします^_^;
    空気清浄機人間は、その役目をまっとうすべく、頑張ります♪

  4. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    大輪明王さんこんばんわ♪
    ダンスも良いですね♪
    没頭すると意識が深く入っていく感じがします♪

  5. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    ハイパーロゼンナポ。さんこんばんわ♪
    ヒーリングって言葉は様々な意味合いで使われる
    ので確かに説明を明確にしないと分かりにくい
    部分はありますね♪
    人を癒すとき、自分がそれを行うととても沢山の
    エネルギーを消耗するので、神のエネルギーが
    相手に流れ込む為の通路になるのが最善です。
    あと、陸上でも水泳でも何かのスキルでも、
    素人とプロに差があるように、ヒーリングにも
    そういった差はあったりします。
    環境のマイナスって何処にでもありますが、同居人
    が居ると影響受ける部分はありますよね、勿論
    そこはもちつ持たれつなのですが。
    アロマとかは結構お勧めですよ♪
    >まずは人を癒す前に、自分のエネルギーをしっかり保たなくてはですね(笑)
    はい♪ 癒しの基本です♪

  6. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    巽屋さんこんばんわ♪
    どうしても、見るにみかねたりすると自分の体調
    が良くないような時でも手を出したくなったり
    しますよね。
    でも本来はやはり、まずは自分ありきです♪
    チャクラのアンバランスから生じる様々な霊的
    弊害は、本人の自覚によってしか治せないので
    なかなか難しいです。
    霊能者になっても人生が開けるという認識を持つ
    人は確かに多いですね。
    空気清浄機人間は、自分一人で頑張らないで良い
    のですよー♪ 天使や神様に手伝ってもらって
    くださいね♪ っていうか、本来我々が神様の
    手助けをするような感じなのですが♪
    自分だけでやると内気を消耗して大変です(笑)

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談