アセンション

精神世界のあるきかた 終末論 そして今日は現代に流布する終末論の代名詞とも言えるかもしれません、2012年や地球アセンションについてです。
これも長いので何回かに分けて書いていこうと思います。
私がこの言葉を初めて聞いたのは10年以上も前でした。
その頃と今とではだいぶ言われていることも変わったなぁという印象があります。
あと、言われていること、色々増えましたね(笑)
アセンションの定義やそれによって引き起こされる変化は説明する人によってだいぶ違い、多くの場合、実際に想定される現象が起きることによって考えられる矛盾については触れられていない曖昧な内容です。

PR

 

この記事は特集ページにリライトされました。


 

 

アセンションに付随して、フォトンベルト、ポールシフトなどもスピリチュアルな事に取り組む多くの人に広まっています。

アセンションについて、これまで庭先ではほとんど触れられていません。

理由はいくつかあって、一つはその説明や定義が人によって曖昧であるし、それについてあえて何かを書こうと思わなかった事やアセンションを信じ、訪れると考えられている変化の時に向かって、愛を持ってポジティブな活動をしている人たちも居るので水を差すような事を書きたくなかったのが大きな理由です。

私自身は結論から言うならば2012年は特に何も起きないと思いますし、ちまたで言われているアセンションのような事も起きないと思っています。
例えば災害や戦争など、
何か起きてもそれはただの偶然だと思います。

でも完全に否定するわけでもありませんよ♪

この宇宙には次元をまたいだ自然現象や、災害が無いとは言えません。

でも確率にしたらやはり、その種の現象が言われているような日に起きる事はきっと雷が人間に落ちる確率よりはるかに低いと思います。

今回、2012年やアセンションについて書こうと思ったのは、この種の情報から良い影を受けている人が居る反面、噂に惑わされたり振り回されたりして悪い影響を受けている人も数多くいるように思えたからです。

これらの情報の為に、逆に「今」「現実」をしっかり生きられなくなっている人達が居るように思います。

もしこれらの情報を調べていてここにたどり着いた時には、「ちょっと待てよ?」「真実はどうなんだろう?」「もう一度考えてみよう」こんな風に再度考える機会を持って頂けたらと思います。

○アセンション

アセンションと言うと次元上昇って意味で言われる事が多く、魂が完成されて昇天した人たちの事をアセンションマスターと呼ぶような言い方が一般的です。

最近広まっているのは、2012年に地球自体が、あるいは地球規模でアセンションするといった事で、人間が5次元の存在になるといった事を言う人も居ます。

私的には、地球圏の次元上昇という現象にはたくさんの疑問が存在します。

・フォトンベルトとポールシフト

フォトンベルトに関してはまあガセでしょう(笑)
そもそもフォトンは光子であり、留まることはありません。
素人でも宇宙物理学や天文学をちょっと調べてみるといくつもの疑問を発見できると思います。

フォトンベルトが偽りならば、それがアセンションやポールシフトの引き金となる事も無いと思います。

ただ、地球の歴史上でポールシフトが過去にも起きたことはアカシックレコードにも記録されています。

だからといって、ポールシフトが2012年に起きるという事には直結しないと思います。
いつか起きるのでしょうが結局それは神のみぞ知るという事かなと思います。

・マヤ歴

マヤ歴に関しては、いくつか存在するそうです。
中には2012年以降の暦を含むものもあるそうで、必ずしも2012年で最後という事では無いようです。

1999年を騒いでいた霊能者や研究家が次に持ち出してきたのがマヤ暦の終末、2012年といった感は否めないです。

・地球圏の次元上昇という現象の疑問

この疑問は私の中で大きいです。

私たちの世界は幾重もの階層になった次元によって成り立っていて、それぞれすべての次元が互いに結びつきを持って存在します。
アカシックレコードによればこの太陽系には8つの次元が存在します。

3次元が5次元に上昇するというのは、言ったら8階建てのマンションの3階が5階になるようなものです。
元々の5階はどうなるのでしょう? 無くなった3階部分は?
もし8階建てのマンションが10階建てになり、3階が5階になるという話なら解りますが、その時、地球の1?2次元は3?4次元になるわけですから石や植物のエネルギーはどのように変容するのでしょうね。

次元が階層構造となり互いに結びつきを持っている以上、地球の次元上昇には次元が元々持つ構造上の疑問や矛盾点が数多く存在します。

こういった疑問は、実際次元の階層構造を体験した事のある人間であればだれでも考える事だと思います。

例えば、私が体脱した時に出会う4次元に取り残された救われない霊や残留思念は地球の次元上昇によって3次元が5次元になったとき、どうなるのでしょう?

次元上昇した人類と一緒の世界に暮らしているのでしょうか?

それとも6次元の存在になってしまうのでしょうか?

無条件に強制成仏させられるのでしょうか?

次元の構造とは、立体的な球体型の蜘蛛の巣にたくさんの部屋がついている感じです。
3次元的に説明するならそんな感じですが実際は我々の認識を超えたもっと遙かに精妙なものです。
確かな法則を持っていて、仮に歪んでも元に戻ろうとする性質を持っています。
そして私たち人間さえもがそれに繋がっています。

私という存在は、3次元の肉体以外に、4次元の体と5次元の体とそれを内包する3つの次元の体を結ぶエネルギーと、それに繋がる6次元の魂、さらに高次への繋がりを持って初めて今の私を形成しています。

次元は元々存在する階層構造なのです。

であるならば、地球の次元が上昇するとか、人間が5次元の存在になるとか、そういった情報の多くに、私は素直に疑問を感じます。

来週はキリストやエノクといった実際にアセンションしたマスター達を元に、地球のアセンションについて書いてみたいと思います。

私が書くこれらの事は、アセンションを否定することや人間の好奇心を満たすのが目的ではありません。

こういった見解もあるというぐらいに思って見てください♪

自分自身の体験や感じ方、考えによって自分なりの判断や答えを道びき出してくれたらと思います♪

実際は起きるか起きないか解らない未来の出来事より「今」「現実」をしっかり生きることが大切だというのが私の考えでありメッセージです。

何より 心を清めて愛を持って生きる事が大切であると。

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

210,722 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. りリコ

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは(^-^*)/
    スピリチュアルの専門用語はあまり良く分かりませんが、心を清め愛を持って生きていれば、この世界の取り巻く環境も良くなりますし、自分達も幸せになると思います。目標ですね。ヾ(=^▽^=)ノ
    先日の日記で、お肉や、乳製品は摂らず、オカラクッキーをよく食していらっしゃるとの事ですが、他のサイトでも、『肉食をしていると、光に子になれない。』等とよく書いてあるのですが、ウリエルさんもそれを実践されているのですか?
    うちでは、夫や子供達に食べさせなくてはいけないので、もちろん自分も食べますが、肉や魚を一日ごとに、食卓に出しています。何だか、いけない事をしているのかなぁ?と心配になります。
    確かに、肉は元は、生き物だし、心もあるでしょうに、、、。愛するペットだったら、とても殺して食べる気にはなれないでしょうけど、、、、。可愛そうですね。しかし、お肉の無い食生活は、、、、。物足りないと感じるのでしようね。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・汗

  2. posa

    SECRET: 0
    PASS:
    私が2012年に起こることで一番怖かったのは、有名な経済学者が打ち出した説で、2012年に大恐慌が起こり、アメリカ経済、世界経済は破綻、お金の価値がなくなる。物々交換が重視され金の価値が上がる。というものです。
    おりしも、チャイナショック、サブプライムショックのときにこれを発見したものだから、すごく真実味を感じました。
    その経済学者さんは瞑想を欠かさずされていて、神からの啓示を受けたらしいです。
    私としては2012年がちょっと楽しみです。
    9月1日からイスラム圏では断食が始まりました。
    私はやってませんが。(笑)
    世界から食べ物がなくなったとき、人間はこうなるんだな。と思わせる光景が繰り広げられています。
    今、イスラム教がどのように誕生して、どのように広まっていったのかドラマをやっているのですが、アッラーは我々とともにおられ、次はどこの国へ行け。との啓示を受けながら、ジハード聖戦といわれる戦いと商売によって広がっていく。
    戦争で広がっていったのかとちょっと驚きです。
    私はキリストの生き方が好きなのでそれを言うと、とんでもなかったです。
    5人の男達に囲まれて、キリストは良くないの合唱でした。また多くのおばさま方のコーラン朗読会に無理やり連れて行かれるという。
    確実にキリストを信じている私がイスラム教になったら、素晴らしい人として称えられること間違いなしです。
    またまた話が逸れまくってしまってすみません。

  3. ちょっちょまん

    SECRET: 0
    PASS:
    アセンションについては、本当に色々と騒がれていますね!
    家の娘が6歳の時、海が割れて地球が2つになるとか言ってましたけど・・・(笑)
    多次元が関わる世界は、頭で理解するのは難しいです。
    私はやはり、来たる日があるとしても、この3次元での今の生活をしっかりと学びたいです。
    『 心を清め、愛をもって生きる。 』
    このシンプルで難解なテーマと共に・・・(^^)

  4. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    りリコさんこんにちわ♪
    結論から言うと本当にリリコさんの言う通りですよ♪
    日々心を清めて愛を持って生きればすべてが良い方向に向かっていきます♪
    ただ、色んな人が色んな事を言うので今回は情報を少し整理してみました。
    例えば「お肉を食べると光の子になれない」もそうです、
    何を根拠に言われているのかは解りませんが、そんなことは全く持って
    ありませんよ、私たちは日々何を食したかより、どのように生きたかが
    大切です♪ 肉を食べない悪人より、フライドチキンが好きな親切おばさん
    のほうが天国に近いと言えば解りやすいかもしれません♪
    なので私がオカラクッキーを食べてたのは光の子とか特に関係ないです(笑)
    でも人間が肉食を止めると、個人としても、地球全体としても
    沢山のメリットがあることは確かです。肉はカルマ的な作用の強い
    食べ物ですし、例えば家畜の餌になっている穀物が不要になれば
    地球の食糧不足が補えます。まあ地球の食料問題も地球に存在する飢餓も
    実際はもっと根深い問題ですが。

  5. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    posaさんこんにちわ♪
    1999年の時にも同じような説を展開したノストラダムスの研究化が
    居たのを覚えています。その解釈は外れたともとれますし、
    その時を境に始まったというとらえ方も出来ますが、私としては何かの
    出来事を未来の年表に結びつける事自体にさほど意味があるとは
    思えません。未来は人の心しだいかなと♪
    あとちょっと質問なのですが、イスラム圏の断食はそれを行っている人は
    実際どのように断食しているのですか?
     
    イスラム教の教えの一部とか、聖戦に関しては特に驚きますよね、
    異教徒を殺すと天国に近づくとか、聖戦で死ぬと天国に行けるとか
    その天国があまりに世俗的な事にも驚きます。
    イスラム教にも最後の審判とかありますよね。
    宇宙の終わりの時にすべての人間が蘇って審判を受けるとか
    そんな感じに記憶しています。
    >またまた話が逸れまくってしまってすみません。
    いえいえ、日本で知ることの出来る情報と実際の現実はやはり
    ズレがありますのでこういったお話はとても参考になります♪

  6. ☆ウリエル☆

    SECRET: 0
    PASS:
    ちょっちょまんさんこんにちわ♪
    こんにちわ♪
    >家の娘が6歳の時、海が割れて地球が2つになるとか言ってましたけど・・・(笑)
    幼い子供は無意識の霊能者なので、ちまたの情報より気になりますね(笑)
    次元の構造は自分の体が3つあってそれぞれが機能する世界が3種類あるという
    事に気が付いたり体験し始めると解ってきますよ♪
    でもそんな事も実際はどーでも良いのですけどね(笑)
    心を清めて愛を持って生きることに比べたら♪

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談