日常

真実の愛を探すネット一週無期限の旅 ラブバトン!
。。。。。。
みなさんにも何かとお手数をおかけしました。
みなさま快く? ? バトンを受け取ってくださって。。。
ありがとうございました♪
こんな質問は普段友人からもされる事は無いのでなんとも恥ずかしいものですね。
故にお礼を(笑)

 

今日は昨日買ったスイカをかじってました♪
自分自身になんの憂いも無いわけではありませんがやはり自分は頭の中が幸せなんだなぁって思います。
明日はまた安いスイカがないか見てきます♪
あのサイズだったら300円でも安いから♪

最近祖母は入院してるので祖母の話題がすっかり減りました。
病院に入院して以来急激にぼけが進みましたし、幻覚や幻聴を見てて兄が見舞いに行ったときだけ正気にもどります。
もう地については生きていないようです。
癌の進行が異例の早さだとか、というのは癌の発達に関してだけは、自分や兄のエネルギー生命力が逆作用になるから事もあるです。
衰えた並の老人の体であればこのように早く転移をすることは無いからです。

祖母は冬頃だそうです。
このペースだともはや抗ガン剤も効かないので病院も転院する事になりそうです。
たぶん、この近く。もうこの家には戻って来れないかもですね。
兄は病院が変わったら今よりは頻繁に様子を見に行くようになりそうですね。

兄は祖母に育てられて大きくなったので兄は俺と違い祖母に対して育ての恩を持ってます。

兄を見てるとたまに胸を打たれます。

必ず俺が。。。

兄を見てるとそう思います。

今は兄の受ける負担を少しでも自分が減らしてあげたいと思います。
当分は俺が専属で食事当番でもしたるかな♪

なんか冗談事から始まった日記でしたが最後は少し真面目な話になりました♪

明日は夢かオーラか体験談を更新します♪

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で

☆ウリエル☆

1,201,012 views

天空の庭先 管理人の☆ウリエル☆です♪オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ 体験から得たことを記事にしています♪...

プロフィール
PR

PR

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. 大輪明王

    今日も役行者の生まれた地で仕事の面接を受けていましたが、役行者の実在を感じました。役行者は生駒山上で修行した後、箕面で龍樹菩薩の悟りを得、伊豆大島に流され、毎晩富士山に空中飛行し修行していましたが、やはり静岡はパワーが強いです

  2. ☆ウリエル☆

    大輪明王さんこんばんわ♪
    スターウォーズを見ろなんて変わった面接官
    ですよね(笑)
    静岡は居心地が良いので思い出すと帰りたくも
    成りますよ♪

  3. ゆきなねこ

    こんばんわv
    ウリエルさんの心遣い、お兄さんとてもありがたいと思います。お食事当番頑張ってくださいです♪

  4. ひかり6307

    看取りとはいろんな意味で大変な事ですね
    ご家族を看取る時周囲の人も同じほど消耗してしまうのは つながりが深いから・・・
    治らぬものならできるだけ苦痛を少なく・・
    現代医療にもまだまだ及ばないところがたくさんあると思います

  5. うんうん、そうですネ。 ウリリンが病院に行ってあげれなぃ分、お兄サンを支えてあげて欲しいものです。
    みんなで力合わせれば、個人の負担は軽くなりますからネ♪ 無理のナィ程度に、頑張ってくださぃ☆
    応援していますっ!!

  6. ☆ウリエル☆

    ゆきなねこさんこんにちわ♪
    >ウリエルさんの心遣い、お兄さんとてもありがたいと思います。お食事当番頑張ってくださいです♪
    とりあえずあとでまた買い物行ってきます♪
    いつもの八百屋ですけど、あと少し掃除をしようかと♪

  7. ☆ウリエル☆

    ひかりさんこんにちわ♪
    >看取りとはいろんな意味で大変な事ですね
    >ご家族を看取る時周囲の人も同じほど消耗してしまうのは つながりが深いから・・・
    人の死というのがあまりにも重たく扱われます
    からね、それはそれで良い事なのですけど、
    この国の悪いところは人の死が世間体と手続きと
    システム的に重いというのが問題点です。
    >治らぬものならできるだけ苦痛を少なく・・
    >現代医療にもまだまだ及ばないところがたくさんあると思います
    今の進んだ医療が薬漬けの死を生み出し、
    死を自覚できない霊を量産させています、
    どんなに考えても文明が崩壊するまでは
    この仕組みは変わらないように思います。
    昔みたいに人がもっと心を大事にする世の中に
    ならないと って思います。

  8. ☆ウリエル☆

    ロゼンナポ。さんこんにちわ♪
    >うんうん、そうですネ。 ウリリンが病院に行ってあげれなぃ分、お兄サンを支えてあげて欲しいものです。
    今のところは兄が引き連れてくる霊の塊を浄化する
    のが役目ですが、今後は実生活でもと思います、
    今日は片づけでもしようかと(笑)
    >みんなで力合わせれば、個人の負担は軽くなりますからネ♪ 無理のナィ程度に、頑張ってくださぃ☆
    それとなく力合わせて頑張ってますよ♪
    良い加減 がもっとうですから♪
    >応援していますっ!!
    ありがとうございます♪

  9. カンナ2

    ネット一周無期限の旅、ラブバトン!!(笑)
    私のネット上での知り合い、5人も居なくて止まってしまいました・・。
    無念です。。。
    だって、ウリエルさんもロゼンナポさんも回ってるんだもん!!
    お祖母さま冬頃ですか。。。
    転院やら何やらと大変だと思いますが、
    お兄さん、ウリエルさん共々
    どうか無理をなさらない様に。。

  10. 巽屋

    ラブバトン、うちの所から先、どうなるか分かりませんです(笑)
    とりあえず、お1人は快くお受け頂きましたが。
    なんせ、愛の辺境地ですからね。
    お兄様、心行くまで、お祖母さまを看られると良いですね。
    そして、そのお手伝いをされる、ウリエルさんも。
    そいえば、こないだ、江原なんたらさんの番組を見る機会があり、大泣きしました(笑)
    天国から手紙が欲しいって気持ちが、分かる気がして。。。お盆ですなぁ??。

  11. ☆ウリエル☆

    カンナ2さんこんばんわ♪
    >ネット一周無期限の旅、ラブバトン!!(笑)
    獅子座のABなのでオヤジギャクを(笑)
    >私のネット上での知り合い、5人も居なくて止まってしまいました・・。
    5人はけっこうしんどいですよね(笑)
    >無念です。。。
    まあそう言わず、楽しく読まさせて頂きました♪
    >だって、ウリエルさんもロゼンナポさんも回ってるんだもん!!
    そう言えばそうだ、カンナさんとられたー って
    言われましたよ(笑)
    >お祖母さま冬頃ですか。。。
    はい、でも本来ならすでに尽きている寿命なので
    致し方ないと思います。
    >転院やら何やらと大変だと思いますが、
    >お兄さん、ウリエルさん共々
    >どうか無理をなさらない様に。。
    大丈夫ですよ♪ 大変なのは大変と思いますが
    いつでも神がついているので♪

  12. ☆ウリエル☆

    巽屋さんこんばんわ♪
    >ラブバトン、うちの所から先、どうなるか分かりませんです(笑)
    まあ遊びなので(笑) 不幸の手紙みたいに呪われる
    とかそんな事なんも言われてないから(笑)
    >とりあえず、お1人は快くお受け頂きましたが。
    >なんせ、愛の辺境地ですからね。
    いえいえ、楽しく読まさせていただきましたよ♪
    >お兄様、心行くまで、お祖母さまを看られると良いですね。
    そうですね、後で悔いの無いような感じだったら
    良いと思います。
    >そして、そのお手伝いをされる、ウリエルさんも。
    まあウリエルは楽なもんです♪ 家事の手伝い
    するぐらいなものですから♪
    >そいえば、こないだ、江原なんたらさんの番組を見る機会があり、大泣きしました(笑)
    江原さんの番組は途中まで見ましたよ♪
    >天国から手紙が欲しいって気持ちが、分かる気がして。。。お盆ですなぁ??。
    天国からの手紙は誰しもが夢の中で受け取って
    ます、ちょっとアンテナのつまみ合わせたら
    夢のポストに届きますよ♪

霊能力を持ってるデザイナーです♪ 天空の庭先というスピリチュアル系のコラムサイトを運営しています。オーラが視えたり、意識が身体を 抜け出したり不思議な体験をたくさんしてきました♪ そうした体験から得たことや気づいた事を記事にしています♪

「☆ウリエル☆さんはどのように育てられたか?」とか「どうすれば☆ウリエル☆さんのようになれるか?」とか質問される事があります。
私の家庭は貧しく、共働きの親に放置されて育ちました。その為、6歳の頃から親のお金を持ち出して1人でゲームセンターに行ったり、ヤクザの高級車ににコショウ爆弾を投げたり、そんなくそガキでした(笑) 補導された事などは数え切れないぐらい。14歳で更正して絵やデザインに打ち込みました♪
霊的な事に目覚めたのは21歳の時です。それ以後のことは体験談に綴っています。
体験談