こんにちは♪
真夜中の子供の侵略は日々続いていますが、毎日ぐっすり眠れるよう見なりました。
今日、庭先を開いて日記を書き始める前に気がついたのですが、日記へのコメントの数が5000件ちかくあるのですね。
半分は返信をしている私自身のコメントのですから、一体どんだけ文字を書いてきたのだろうと我ながらちと驚きました。
10年後には何を思って何を書いているのでしょうね♪
今日は少しだけ、想念のことを書きます。
想念に関する文章も、以前あって今は失われたものがちょいちょいあります。
人間の願望実現にも関わることであり、祈りや呪いのように他者に目に見えない影響を与える仕組みなので、深いところはあまりオープンにすべき事柄ではないのかもしれませんね♪
アストラル界は人の感情のエネルギーに対応した想念の世界である事を何度よなく書いてきましたが、このアストラル界にはかつてあったものの記憶や、これから物質世界に誕生するであろうものもたくさんあります。
その中には私たちの日々の思いから生まれた想念ももちろん含まれる訳です。
かつてあったもの、これからうまれるもの。
感情や想念が対応するのは、第二、第三チャクラです。
かつてあったもの、これから生まれるもの。
さて♪ このワードからこの話がいかなる結論に結びついて行くのか気づけましたか?
かつての怒り、かつての憤り、かつての想い。
そして今の自分から生み出された思いが未来を紡ぎ、私たちの今が未来を追い越したらそれはかつてあったものになります。
これらは感情のカルマの正体といっても過言ではないかもしれません。
感情的想念や、感情的想念体は、自分が生み出した総計を、自分自身で精算しなければなりません。
私たちの自己実現を阻んでいるのは私たち自身であるという事です。
私たちが心を清めるというこよは、自分の内側だけでなく外側にも、自分の未来だけでなく、過去さえも清めるということです。
だから、やっぱり内省はとても大切です♪
さて、そろそろ時間のようです♪
いつもありがとうございます♪

■心を清めて愛を持って生きる事を一緒に広めてくれる人はポチをお願いします♪
Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング

心を清めて愛を持って生きる
一緒に広めましょう♪

Twitter で