初歩的なヒーリングは誰でもできます。

これまで気やエネルギーの話を述べました。
ヒーリングエネルギーは私たちの内に当たり前に存在するエネルギーなので、実は特別な知識や技術などなくとも簡単なヒーリングは誰でも行うことが出来ます。

ここでは私たちが日常的に扱っているエネルギーをメインにお話をします。
最初に注力すべきは、愛と生命力です。

まずは、一般的な人間が日々取り扱ってるエネルギーである生命エネルギーですが、
仕事をすれば疲れるし、休めば回復する私たちの内側にあるエネルギーです。
足をぶつけて痛いとさすったりしますよね♪ 歯が痛いとき、舌先でさわったり、子供が転んだらぶつけた場所をさすったり、子供が親にする肩たたきもそうです。
実は私たち人間には元々備わっている力で、それと意識しないだけで使われてきている力なんです。
日常生活で無意識に行われているような動作に基づくヒーリングの場合、得に大きな問題に発展する事はあまり無いです。

そして私たちが日常的に扱っているもう一つのエネルギー。
家族や隣人の健康を願う心、祈り、そして心からの愛です。

実はヒーリングというのは、無意識的に行われるものには、99%危険はありません。

なぜならばそれはダメージに意識を向ける「反射反応」であったり、考えるいとまもない瞬発的な「愛」であるからです。
ヒーリングは、それを技術(スキル)としたとき、それを意識的に行う取り組みをしたとき、理解や物質に近いエネルギーは強まりますが、愛からは離れていくのです。
つまり商業ヒーラーの行う1時間のヒーリングより、母親が子に向ける瞬発的な愛や処置が勝ると言うことです。

愛はつくりだすものではなくわき上がるものです。

この言葉を見て、女性や母親として生きる方の中にはハッキリ気づきを得る人もいると思います。

ヒーリングに興味がある方、普段から私の言葉に耳を傾けてくださっている方でこの文章をきっかけにヒーリングに興味を持ってくださった方。得にこれからヒーリングを自分の生活にも応用しようと考えている方はまずはスキルや知識は望まないで、この段階のヒーリングから生活にいかすようにしましょう♪

■初歩のセルフヒーリング法

最も初歩で最も安全なヒーリング方法です。

痛いところやダメージの感じられるところを積極的に触れて、あるいは手をかざして痛みやダメージを和らげていきます。
かざす場合は6~10センチほどの空間をあけて行うのが良いでしょう♪
呼吸は4秒吸って8秒吐く。自分の身体や感覚に集中するために、音を消したり、目をつむるのも良いでしょう。

他人に行う場合もやり方は同じですが、自分以外の誰かにエネルギーを流す場合は動機に注意してください。
転んだ子供を優しく起こして身体をさする親の心や、相手を楽にさせてあげたいと思う気持ちなど、つまり日常に自然とわき上がる思いやりや愛と併用して行うようにします。そして愛が沸かないときには無理に行わない事です。

例えば友人に、「ちょっと気が進まないけどヒーリング試そうかな?」
こういった動機しかわかない時はやめておいた方が良いです。

倒れている人を見てかんがえるいとまもなく駆け寄る、この人のこの苦痛を和らげてあげたい!
他人にヒーリングする時は必ずこういった気持ちと結びつけてください。

このヒーリングエネルギーについてですが、初歩 = 弱いという事はまったくないです。
医療技術のようなものと違い、スピリチュアルヒーリングでは、愛はスキルに勝ります。
ただ誤解ないようにしておきたいのは、私がここでいう愛は、ただニコニコと優しい顔して雰囲気をつくったりかもしだすものとは違いますよ(笑)

無限なる本質に繋がる、無条件の愛、利他的なの愛です。

まとめ

1 セルフヒーリングはいつ行ってもOKです♪
2 人をヒーリングする時は愛がわき上がった時だけ行う。

※この時の愛は、内からわき上がる無条件の愛です。

対人ヒーリングは最初はまだ行わないのが良いと思います。
まずは安全な、自己ヒーリングや家族の間で試してみるのが良いでしょう。



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング