エネルギーには様々な性質がある

気とかプラーナとか、生体エネルギーとか、ほかにも言い方はさまざまあり、それぞれ多少のニュアンスの違いはありますが、これらはすべてこの世界に満ちるエネルギー、そして生命の源となるエネルギーの事を言い表しています。

魚が水の中で生きているように 、わたしたはこの宇宙に満ちるエネルギーの中で生きています。

わたしたちのからだの中でつくられる生きるためのエネルギーは「内気」と呼ばれています。自然や自分を取り囲む空間に満ちるエネルギーは 「外気」と呼ばれています。つまり、エネルギーは自分の内にも外にも存在します。

■エネルギーは高い所から低い所に流れる
エネルギーの性質は水が高いところから低いところに流れるのに似ています。
低いエネルギーは高いところから流れてくるエネルギーによってかさましされます。これらの事で、エネルギーは隣り合うエネルギーや同じテリトリーにあるエネルギーと影響し合い、平均化 される傾向があります。

具体的にどういう事かを少し説明してみたいと思います。
健康な人と病気の人が並んだら健康な人の方が気は多い状態なので、気は病気の人へと流れていき、病気の人は、健康な人から流れてきたエネルギーで 少し元気になったりします♪

■日常でよくある気の流れ・変化
例えばこんな経験はありませんか?

・元気なとき満員電車に乗ったらなんか元気無くなった 風邪引いている時に満員電車に乗ったらなんか楽になった。

・気が重いとき誰かに相談に乗ってもらったら気が軽くなった 悩んでいる友人の相談に乗ったらとても疲れた。

・家に病人が居ると疲れやすくなるのはその家のエネルギーの平均値が低下するからなのです。

風邪を人に移すと治るとか看病している人が病気になり体壊すなどというのにも気が高いところから低いところに流れるこの性質が関係しています



■ランキング参加中♪

心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪


Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村
ひかり 精神世界ランキング