ここでは誰しもが見る悪夢につい説明します♪

悪夢を見る事についてもいくつか理由があります。
これも夢の7つの種類に分けて理由を求めていく 事が出来ます。
その事については簡単に書くにとどめて、あとはこれを 読むみなさんの気づきにゆだねたいと思います♪

1 願望のビジョン化による悪夢
これは普段必要以上に何かに対して恐怖をイメージすると見ます。
蜘蛛が嫌いな人が、部屋に蜘蛛が出たという事を理由にそのこと ばかり考えたり恐れていたら夢にまで蜘蛛が出てきたみたいな事です。

2 心の活動(日常)の記憶による悪夢
これも1とよく似ていると思います。
例えば不景気で勤めている 会社がリストラ策に転じたとして、そういった日常的な事が、 霊的な情報や自分の中の恐れと結びついたときに、悪夢として現れたりします。


3 人から受けた念がビジョン化した悪夢

これは誰しもにとって、見る可能性の高い悪夢であると思います。
離婚を考えている妻の想念や、自分に嫉妬する友人の想念、 自分に向けられるあらゆる否定的な想念が悪夢として現れる 可能性があります。

4 潜在意識が顕在意識に伝えたい情報が悪夢として現れる
これは潜在意識が顕在意識にあたえる警告が、悪夢という 形で現れるケースです。
例えば、言葉遣いが悪い人が、歯が抜ける夢を見たり、霊的に 汚れた状態にあると、髪の毛が汚れて抜ける夢を見たり、 部屋を片付けない人が、部屋から害虫が沸く夢をみたりなどです。

5 霊的な活動の記憶による悪夢
体外離脱の記憶が夢の中に現れるような場合、その体験が 恐怖を伴ったものであれば現れ方も悪夢となります。
例えば体外離脱中に否定的な存在に追われたり攻撃を 受けたような体験が夢に現れたときです。
アストラルワークに よる不快な記憶もこれに属します。

6 魂の活動の記憶による悪夢
過去世の辛い経験などを夢にみるようなケースはこれに該当します。

7神からの啓示による悪夢
これはあまり多いケースではありませんが、例えば悪人の元に 天使が使わされたり、神の光を見て稲妻に打たれるような夢や 幻を体験するような場合や、最後の審判や世の終わりの 光景などを夢に見たり、いずれの場合も悪夢というよりは 神秘体験と言えると思います。

悪夢であれ、良い夢であれ、大抵情報源はこの7分類に分ける ことが出来ます。
様々な 源からの情報がいくつも混在するケースは多いです。

悪夢で注目するべきは、「4潜在意識が顕在意識に伝えたい 情報が悪夢として現れる」という部分です。
その他のものは、 情報源さえ分かれば解釈も用意なのですが、この4のケースに 至っては、その意味を見分けるのに洞察力がいると思います。
悪夢を見たときには、理由を全て外側に求めることなく、 自分自身の中に否定心や汚れがないか、しっかり内省しましょう。



■ランキング参加中♪

心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪


Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村
ひかり 精神世界ランキング