夢は情報のレベルとフォーカスしてる意識レベルで変化します。

 

明晰な夢は多くの場合、高いレベルの情報源から来るわけですが、 明晰な悪夢を見る人も多いです。 この事を説明するために、夢の明晰さに関係する要素や それが時折生み出す悪夢についても説明してみます♪

夢を明晰に見るために最も重要なのは、心を清める事 です♪
そしてハッキリ記憶する為に重要なのは、意識を向ける事(集中力)です。
夢の明晰さに関係する要素は大きく分けて2つあるのですが、 この心を清める事という事はその2つの要素のいずれにも 大きく関わります。

まずは夢の明晰さにかかわる2つの要素を簡単に説明してみます♪

1 情報源のレベル
私は夢の種類を大きく7段階分けて考えています。 自分の願望から啓示までの7つです。
これはサイトの「夢の種類」のページを参考にしてください。
願望や想念といった世俗的なエネルギーより、潜在意識や それ以上の意識レベルから下りてくる情報の方が混乱が少なく、 より明晰に夢に現れます。
ですが、高次の情報の方が、忘却によって記憶も失われやすいです。

2 自分がフォーカスしている意識レベル
その人が普段、どの意識レベルに意識がフォーカスしているかという事は 夢に顕著に表れる部分でもあります。
例えば普段、仕事やお金の事ばかり考えている人は、その事ばかりを夢で 見るでしょうし、本当の信仰を持って神を信じる人は、より高い情報源と 繋がれます。
心を清める必要性 自分の浄化が進むと、まず感情や願望想念と言った部分が徐々に無く なって来ます。
人間や環境への依存心が無くなり、低いレベルの情報を受けとらなく なってきます。
その結果、夢の混乱が少なくなり、明晰な夢を見る頻度が増します。 自分が高い意識を持つことによって、より高い意識レベルにフォーカスされます。

以上が夢の明晰さに関わる2つの要素です。

■夢を見る傾向
例えば、毎日仕事に追われて、お金の事ばかり考えていた人が居たとします。
その人が日々見る夢の傾向としては、仕事の夢を見ることが多く、寝てると きまで働いているような気持ちになるでしょう。
お金という願望も多くの 場合はそれに入り交じって見え、それによって夢の中で、現実にはあり得ない ような投資にお金を使ってみたりなど、夢そのものが本来持つ情報さえも歪めてしまう可能性があります。
このような無意味な夢は忘却されてしまう事も多いです。

この人の魂や潜在意識がこの人の物質的な生き方に、夢で警告を与えた場合、 この人は仕事の夢を見ている最中に、財布を落す夢を見たり、 その財布を落として大きなショックを受けるという部分だけが起き抜けに記憶され、 リアルな明晰さを持っていたりするわけです。

もし他人の目ばかり気にしていたり、人のことばかり考えていたら、その人の ことや、人間の想念を夢に見ることが増えるでしょう。
普段、自分の人生の意味や使命を考えて、それを模索しているような人は、 自己の寄り深い部分や、潜在意識からのメッセージを夢で見ることも 増えると思います。
本当の神に信仰深い人は、夢で神秘的な体験をするでしょう。

自分がフォーカスしている意識レベルに応じて夢の情報源は変化し、夢の 情報源によって情報の明晰さが変わります。

ここで注意したいのは、例えば天使に意識をフォーカスしていた人が居たとします。
「天使を見たい、天使に会いたい、天使からお告げを貰いたい」 もしそれが願望であったなら、意識は自分の願望にフォーカスしている 訳ですから、夢で天使と出会えたとしても、自分や人の願望や想念が作りだしている 天使のレプリカである可能性があります。

もし同じ事を信仰や純粋な愛で望んでいた場合は、より高次の存在がその意識に 反応して高いレベルで何かメッセージを受け取れるかもしれません。

私たちがフォーカスする意識レベルとは、どれだけ崇高な存在を ターゲットとしているかではなく、現実にどれだけ自分がどれだけ高い意識を もっているかなのです。
これは夢だけではなく、瞑想や霊視、チャネリング、あらゆる事に共通しています。

普通、悪夢の多くは、願望や想念に基づいた低いレベルの情報源に属して いている事が多く、明晰な高次の情報ではあまり悪夢をみる事はないのです。
ですが、私たちの浄化が進み、意識が高まってくると、明晰な悪夢という ものを経験し始めます。
これには様々な理由があるのですが、最も大きな理由の一つが、心の浄化に伴い、 低次の情報や体験の記憶が明晰になるという事です。

スピリチュアルな感覚の成長や、心の浄化に伴って、私たちの意識が普段からより 高次にフォーカスされていると、その意識レベルで、それより低い願望や想念の夢を 体験するような事も増えてきます。

つまり、自分自身が明晰な意識を持っているため、低い情報を受け取った時には、 低い情報までもが明晰な夢になるという事です。

具体例はこんな感じです♪

心の清い人が、誰かに呪われていたとします。
その人は潜在意識のレベルで、 ハッキリと呪いを向けられている事実と相手を理解するので夢で相手に批判される ような事や呪いも明晰に体験します。
相手の攻撃的な感情と想像を明晰に見たとき、実際の相手が現実に刃物で斬り 掛かってくるようなリアルさで明晰夢を見ることさえあります。
他にも自分自身が自己浄化のプロセスとして、自分の中にある否定的な部分や感情を、 悪夢という形で見る場合もあります。

これは自分の奥底に眠る否定的な感情やエネルギーと向き合うことにであると言えます。

オマケ
明晰な悪夢、怖いですよね(笑)
例えば私は、以前たまに人を殺して警察に追われる明晰夢を見ました(笑)
目覚めたときとてもハラハラしますし、普通に考えたら悪夢の部類です。
この夢を解釈した場合このようになります。
人を殺すというのは相手の価値観を壊したり、精神的な成長が一つの段階を超した ことを意味します。警察官は高級自我を表す象徴です。
つまり、自分の霊的に人助けをする活動が常に高級自我によって見張られていると いう事に感じる恐れと畏怖を表していたりする訳です。

この夢で分かるのは、私の中に、人に影響を与えることや、そのプロセスが常に 高級自我によって検討されている事への恐れがあったという事です。
最近この夢は見ていません。 私は今の自分の活動や言葉に細心の注意を払っていますが、もし私に自己の本質への 恐れが浮かび上がって来たときには、またこの夢をみるでしょう。 他にも、知人からの呪いや、アストラル次元で遭遇した霊や生き霊、ゆがんだ霊能者や黒魔術師など、否定的な存在におそわれたり、あるいは戦いになったような事も明晰な悪夢としてよく見ました。



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング