天使と悪魔を例えに、霊的存在のレプリカについて説明してきましたが、霊的な存在だけに留まらず、天国や地獄など、様々な宗教観に基づく世界などにも至ります。
こういったレプリカの存在や世界をそうとはしらずに思いこみ体験したりのめり込んでいる人はとても多いです。

つまりレプリカの世界でレプリカの存在を相手に偽りの体験をしてしまい、それを本物の体験と錯覚してしまうという事が普通にあります。
これはスピリチュアルな分野にあまりにもよくある落とし穴です。

レプリカの天国、地獄、死後の世界、5次元、~13次元とか(笑)
まるで精神世界のテーマパークやアトラクションです。

ちなみにですが、霊界(メンタル界~コーザル界)や神界といった高次世界のレプリカさえも幽界(アストラル界)存在します(笑) ビックリでしょ(笑)

霊性や人間性の伴わない霊能者が、天使やキリストと本気で出会ったと錯覚しているような場合の多くは、この幽界(アストラル界)領域のレプリカに惑わされています。

瞑想や禅の言葉で、「仏に会ったら仏を殺せ」みたいなのがありますが、つまりそういう事です。レプリカにだまされるなと♪

私はこういったレプリカ信仰に状態に陥っている人に過去何回か助言を与えたことがありますが、これまで積み重ねてきたものや、信じてきた事を捨てられずに、神ではなく自分の思いこみへの信念を貫き通す人も中にはたくさん居ます。

世の中には自分自身を霊的なマスターであるかのように言う人も多いです。
私はそういった人の体験が真実か、それともレプリカによる疑似体験かをいつも注意深く観察します。

ハッキリ言って多いですよ。
自分の思いこみや妄想、信念が作り出す想念のレプリカを信じ込んでその結果、自分自身を過大視してしまうという落とし穴に落ちている人たち。

「偶像を崇拝してはならない」 という過去の聖人聖者達の言葉があります。

世の中には唯一絶対の根源的な神様よりも、目の前にある仏像に 手と心を合わせて熱心に拝む人も沢山います。
作り物の神ではなく本当の神様を崇拝しなさいという事です。
そしてこの言葉にはさらに深い意味があります。 それは人間が作った神、レプリカの神を崇拝してはならないという事です。

偶像とはなにも目に見える物の事だけではありません。
私たちは宗教や教祖より、女神や天使より、それらすべてを お作りになった神を崇拝するのが正しい在り方です。

これから霊的な世界を探究する人たちへ 注意深くあってください。真実を求めてください。 罠や落とし穴に落ちることがないように、 いつでも謙虚に心を清めて愛を持ってください♪ それが見えない世界を探究する時、自分を安全に導く光り輝く灯火となりますから♪



■ランキング参加中♪

心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪


Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村
ひかり 精神世界ランキング