カルマは集団的な行動にも作用します

 

恋人や夫婦のカルマ
例えばAさんとBさんが夫婦になったとします、死ぬまで憎みあったり、傷付けあったりしてたとします。そのカルマを解消する場合、ほかに新しいパートナーを見つけるよりは、来世でもう一回夫婦になって本人たち同士に解決させた方がカルマの解消といった面で効率が良いのです。
故に人は長い輪廻の中で、多くの場合深くかかわった人間同士、グループで転生することが多いのです。


集団のカルマ
集団のカルマというのが存在します、集団で悪を行った場合は、その集団がまとめて生まれ変わり、来世でまた集団を形成したりします。
もちろん前世で悪いことしたぶん、今世では集団で良いことをしなければなんの解消にもなりません。それが出来ねば集団で罰を受けるだけかもです。

集団のカルマの場合でも、神の慈悲の法則は働きます。
例えば悪い組織に身を置いていたとしても、良心の呵責(かしゃく)にさえなまれながら働いている人間と、心から悪を楽しんでいる人間とでは異なる報いを受け取ります。

もっと広い範囲のカルマ
広い意味で言えば、地域のカルマ、国のカルマ、時代のカルマといった広い範囲のカルマもあります。
これら集団のカルマの性質が、実は輪廻の法則にも影響を与えていて、人間がおなじ思想や文化圏などに転生しやすいといった傾向の理由となっています。

今、先進国に生まれている多くの人間たちが、滅亡した過去時代や国のカルマを背負っています。多くを与えられる者は多くを求められます。

現代文明は、環境問題や地球温暖化など、様々な問題を抱えています、アトランティスは滅亡を免れることは出来ませんでしたが、今の文明はどのように進んでいくのでしょう。
今この時代に生きるすべての人が、この12000年周期の時代のカルマにかかわっています。これは人類が滅びと再生を繰り返すカルマのサイクルです。


魂の絆
あと、ソウルメイトやグループ転生についてですが、魂の系譜で近しい存在がグループを作っていることなども多いです。

最初の光があり、第二の光があり、そこから沢山の光の兄弟が生まれました。
この光の兄弟たちは、生まれた場所や世代も様々です。

例えば私の知り合いにこんな人が居ます。
プレアデス人から地球人へと生まれ変わったその方は、もう1万年以上地球の輪廻のサイクルに乗って転生を繰り返していますが、その方の家族の多くも、プレアデス人の生まれ変わりで、その方を取り巻く友人知人たちにはかなりの比率で宇宙人の生まれ変わりが集まっていたりします。

つまり私たちのソウルメイトは魂が創造された時、おなじ世代やグループとして作られた近しい存在たちである場合も多いようです。

そでスリ合うも多生の縁と言いますが、今世で深くつながりをもつ人間の多くは過去世からグループ転生を繰り返すソウルメイトである場合が多いです。



■ランキング参加中♪

心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪


Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村
ひかり 精神世界ランキング