宇宙人の話でよく聞くワンダラーとウォークインとは?

あまり馴染みのない言葉だとは思いますが、これらは地球に住む宇宙人に関係する言葉です。こういった言葉は説明する人によっても解釈が多少異なったりしますが、まずは私の知識の範囲でこれらの言葉を簡単にせつめいしてみますね♪

ワンダラー
簡単に説明すると、地球外の星々で生まれ変わりを繰り返してきた魂です。
宇宙人の過去世を持つ人たちが地球に生まれ変わってきた起源は、地球の太古までさかのぼることが出来ると思います。
様々な時代に大きな新規参入があり、それに関連するような文献を神話や古文書から発見することもでします。
この時代にも地球の輪廻のサイクルに新規参入してくるワンダラーは沢山存在します。

 

古代アトランティスの時代に参入したワンダラー達は、すでに地球の暮らしやエネルギーに慣れ親しんで、自らの魂の起源を思い出してもさほど心が揺れる事はありません。

地球での暮らしの短い魂ほど、違和感を感じたり、宇宙に郷愁を感じるようです。

宇宙人がこの地球に生まれ変わってくる目的については書いてきた通りです。
ワンダラーを地球アセンションと結びつけたがる人も沢山いますが、宇宙人の魂の地球入植に関しては、ずっと古代から今日まで常にあった事です。

比率として最も多かったのは、集団に参入が行われた古代アトランティス、古代バビロニア、古代エジプトの時代ではないかと思います。

人間は誰しも自分だけの目的を持って生まれてきます。
それは宇宙人も地球人も変わることはありません。

ウィークイン
ウォークインは事故や病気などで身体を離れた人と、入れ替わりで肉体に宿る霊的な存在として知られています。

自己や病気で生死をさまよった人が、意識を取り戻したとき、別人のようになっていたり、ある種の超能力を持っていたりする事例がこれに該当すると考えられています。
こういった事は確かにあります。

ウォークインの存在は、様々あるのですが、素性を明かす者の比率が宇宙霊である事が多い為に、宇宙人による人間への憑依現象といったように思われる事が多いです。

実際この種類の憑依現象は、宇宙人に関わらず、高次の霊的な存在や、天使的な存在によって行われることも多いです。

それと、必ずしも事故や病気で身体を離れた人に憑依するという訳でもなく、心清い人間であれば、高次の存在が生きた居るままに憑依し、共存する場合もあります。
身近な例だと私の母に取り憑いた高次の存在のエピソードなどがあります。
興味のあるひとは体験談の■高次の霊をのぞいてみてください♪



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング