地球アセンションはなくともいずれ終末は訪れるでしょう。

私はちまたで言われる地球のアセンションにはたくさんの疑問がありますが、実際の所、時代の終末と選別は確かに存在します。そして個人レベルでのアセンション(霊的変容)も。

今一般的に広まっている地球のアセンションやらが3次元の感覚をベースに考えられているのは実際には高次を知らない人たちの「想像」や「予測」が多く紛れ込んでいるからと思われます。
一種の伝言ゲームと同じで、もし元の情報が正しかったとしてもそれを受け取った人が再発信するときに、それぞれの主観でどんどん元と違った物へと形を変えていきます。

ありもしないフォトンベルトがアセンションやポールシフトを引き起こすなどと言い広まっていることが良い例であるかなと思います。
シンクロという言葉で何でもかんでも結びついて物語はどんどん壮大になっていきます。

実は人間の想念の仕組みが元々こういった性質を持っているのです。
自分が発した想念が、他の同様の想念波と結びつくとときにはそれが7倍にもなってかえってきます。それは同調する人々によって、雪だるま式にふくらみます。

地球のアセンションを望む想念の中に一部存在する破壊的なイメージが集まれば、起きる予定では無かった災害さえもを引き寄せる可能性さえ存在することを私はここに書いておきます。

もちろん、純粋な愛を持って活動してきた人たちには愛に応じたたくさんのすばらしい変化や報いが世界や自分自身にあることだと思います。

思想や行い自体が問題ではありません、動機が愛であるのかが重要なのです。

終末や地球のアセンションを望む心の内側について

現在の日本の労働者のうち、4割は勤めている会社に不満を持って転職を意識しながら働いているそうです。日本の離婚率も4割ぐらいです。
もしすばらしい職場なら、不満も感じず、転職を考えることもないでしょうし、愛に満ちたすばらしい家庭ならば、離婚する必要もありません。

私たちに起きる辛く大変な出来事のすべては、私たちのカルマを浄化し、霊性を成長させるための機会として神が用意してくれたものです。
もしそのことを知り、本当に受け入れているのならば

変化するべきは私たちを取り巻く人間や環境ではなく、まずは自分自身であると言うことが分かります。

それが分かると、地球のアセンションについても見えてくることがあります。

終末思想や地球アセンションを信じ、その日が来るのを待ち望んでいる人は一度自分の心を深く内省し、自分の心を洞察してみてください。
神の御前で自分自身の誠実さのすべてをもって自分自身に公平なジャッジをしてみてください。

心の片隅にでもありませんか?

地球アセンションや終末思想を受け入れる自分の心のどこかに、身の回りの人間、環境、今のこの世界にたいして 不満 嫌悪 失望 否定心。

今のこの文明や環境を一度綺麗さっぱりリセットしたいという気持ち。

愛に満ちあふれた世界とは、いったいどこにあるのでしょう?
それは私たち自身の内側です。
そして、それを自分の外側に創造していくのは
私たち自身なのです。

あらゆる宗教や思想、終末論、地球のアセンション、自分が信じることのために尽くす、それ自体に善も悪も存在しません。

ただ私たちは動機と愛によって計られます。

もし、不満なんかないし、純粋に愛だけで地球のアセンションを信じ行動してきたと言えるのであればそれはすばらしいことだと私は思います♪

逆に、愛以外の動機でそれを信じ、言い広めて来たのであれば、利己心やお金儲けで嘘を言い広めてきた人にはいずれ真実によって計られ、真理によって報いが与えられます。

終末論やアセンションを信じる方は、自分の心の中に何があるのか自分自身とよく語り合ってみてください。

不満の裏返しや利己心なのか? 純粋な愛なのか?

これは地球アセンションだけにに限ったことではありません、精神世界やスピリチュアルなことに取り組む自分の心中に何があるのか? 神を探求する者はいつでもそれを見つめなければなりません。

私たちの未来は、私たち自身の想いが創っていくからです。



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング