言葉は心から出て意志を解き放ちます。

言葉は意志決定
言葉とは一つ一つが書類に押す判子のようなものです。
言葉は一度口に出したら飲み込むことは出来ません。

例えば退職願いなどの意思表明を一度したら、あとでそれを撤回したとしても退職の意志を示したという事実は残ります。想いは一度、3次元に言葉として具現化されたからです。

仕事上の書類は責任の軽い書類や重い書類がありますが、同じように口から出す言葉にも軽いものと重いものがあります。

うっかり口にしてしまった言葉とは
うっかり押してしまった判子のようなものです。

私たちは口に出す言葉をいちいち吟味しているヒマなどないと思います。
しかし、私たちが語る言葉を考えて、それをより良いものにしようと思うなら、それは自分にとって良い書類だけに判子を押して生きているようなものです。
もし会社であったなら、良い契約の書類だけ判子を押していたら業務は順調だと思います♪

言葉は重くても軽くても、小さくても大きくても、私たちの思いを自分の外側に決定するものであり、具現化の最初のプロセスなのです。

ここまでの話を読むと、自分が言葉を発することにためらいが生まれるかもしれません。
でも考えなくしゃべるよりはその方が良いです。
若いころの私はわりと早口でしゃべる方でしたが今はわりとゆっくり話しています。

不意に ついつい うっかり 心にもない

私たちは言うつもりもなかった言葉を口に出してしまうときがあります。
いくら言葉に気をつけても、一瞬一瞬より良い言葉を選んだり選択することは難しいです。

であればどうすれば 不意に ついつい うっかり 心にもない自分にとって良くない言葉を口に出さないで済むようになるのでしょう?
何か良い訓練方でもでもあるのでしょうか?

普段から、心を清め愛を持って生きるように心がけましょう♪

清い心で愛を持って生きていたら、いついかなるときでも
否定的な言葉を言うことなく生きていくことが出来ます。
私たちが良い心を持ち、良い言葉だけを口にするよう心がけていたら、良いことだけが具現化します。

是非、口から出す言葉の一つ一つを大切にしてください♪



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング