私たちが普段なにげなく語っている言葉の本質とは、思考や感情、想念といったエネルギーが3次元のエネルギーへと変換する物質化を許可する最初のプロセスと言えます。


■言葉の力

日本には「言霊」といった言葉があります。
これは言葉に宿る霊的な力を表した言葉です。
ほかにも「忌み言葉」なんてものあります、これは口にすることをよしとしない言葉です。私たちは縁起が良いとか縁起が悪いとか口にする言葉をあれこれ気にするような風習を持ちます。

言葉には力がある 口にしたことは成る 言葉にしたことは起きる
こういった思想は日本に限らず何処にでも存在します。

言葉や音は、災い、悪霊や悪魔を追い払い、場を清めます。
私が浄霊などをするときもですが、心で祈っただけで不足の場合は口に出して祈ります。空気を振動させる声や音の力は物質界に及ぼす影響力が思うだけのときよりはるかに強いからです。

言葉とは 「こと」 の 「葉」です。

「葉」自体は小さく、全体の一部でしかありませんが、枝から幹につながり根は大地に広がっています。言葉は私たち自身の心や本質、そして神の真理にまでつながっています。

七日目には七回まわりラッパを吹きトキの声を上げると、
エリコの城壁は崩れ落ち兵士たちは町を攻め取った。

旧約聖書にある、音が城壁を崩したお話です。
音の振動はそれだけでも物質に影響を及ぼします。
高音でガラスが割れたりします。


■言霊のエネルギー

音だけでさえ、このような力を持ちます。
ましてや強い思考や感情、私たちの気やエネルギーさえもが宿った言葉であったらどうでしょう?

言葉の波動が物質に及ぼす影響について、いくつか面白い話があります。

ごはんを瓶につめたものを3個つくってそれぞれ毎日違う言葉をかけます。

1 ありがとう
2 バカヤロウ
3 無視

ありがとうと声をかけたものが最も長持ちし、生えたカビも白かったそうです。
そしてバカヤロウと声をかけられたものは真っ黒にカビ、無視されたものは真っ先に腐敗したそうです。

水の結晶についても同じような実験をした人の本が一時期話題になりました。
肯定的言葉を聞かせた水の方が美しい結晶をつくるみたいな内容です。
この種の実験はネットを検索すると色々ありますから気になったら見てみると面白いかもです♪

ただ、話は少しそれますが、この種の見えないパワーを検証する実験には一つ落とし穴があって、検証をする人間によって結果が180°変わったりします。
信じる気持ち、つまりは想念がその実験結果に影響を及ぼすのです。
例えばピラミッドパワーの実験なども、否定的な学者が行う実験ではピラミッドパワーが認められなかったりします。

私的には、信じる気持ちが実験の結果に反映されていること自体が目に見えない人の想いや意志が物質に働きかける力を逆に証明しているように思います。

これは儀式や護符などの力の差や、ヒーリングの成果などにも言えます。
信じる力が結果を大きく変えます。



■ランキング参加中♪

心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪


Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村
ひかり 精神世界ランキング