言葉は具現化の最初のプロセスです。

普段何気なく使っている言葉ですが、私たちの人生や未来に、とても大きくかかわるものです。ここでは言葉の使い方について考えていきましょう♪

悪い言葉は使わない
悪い言葉は極力言わないようにしましょう♪
そのためにまずは否定的な口癖を変えていきましょう♪

「疲れた~」  →  「頑張った~」「良くやった~」 「稼いだ~」
「悪い」    →  「良くない」
「出来ない」  →  「出来るか分からない」
「しんどい」  →  「楽とはいえない」

これを見るとなんとなくコツがつかめるかなと思います♪
生きていたら当然自分にとって悪いことも起きます。 でもそれをあえて「良くない」と表現することで自分に起きた出来事を悪いと断定することを避けます。
その出来事をキッカケに先々の自分が良くなる可能性だってあるのですから♪
だって失敗は成功の母でしょ♪
失敗をただの苦い思い出にして終わらせるか、未来の成功へのバネに変えるかもあなた次第です。ですから悪いことを断定しないようにしましょう♪

「疲れた~」の場合も同じです。
疲れているときに疲れた~ などと言ったら私たちの身体は それを聞いて自覚し、余計に疲れてしまいます。
「良くやった~」と言うことで、疲れた身体を達成感で 満たす方が良いわけです♪
自分自身が普段使いがちな否定的な口癖や言葉があったら こんな感じですり替えていくと良いですよ♪

特に体調などにかかわることは1週間で変化が分かる場合もあります♪


現在進行形で語る
良い言葉は現在進行形か過去形で語りましょう♪
この庭さきを見ていると具現化の悪い例として 「幸せになりたい人」 というのが度々登場します。 これは私自身が過去にそうであったから例えとしてよく登場します。

「幸せになりたい人」は「幸せになりたい人」になってしまいます。
「幸せな人」は「幸せな人」になります。

思考や想念の具現化とはこのようなものです。

幸せになりたかったら、幸せになりたいとは思わずに、
幸せになったと思いそれを口にしてください♪

○○が欲しい人 ○○になりたい人 ○○をしたい人 みんな同じです。
例えば「豊かな生活をしたい人」  豊かになりたかったら、「豊かになりたい」と思うより 「自分は豊かである」と思うことが大切です。

今の自分がすでに持っている豊かさ、あるはずですよ♪
屋根があって蛇口をひねれば水が出る、これも豊かさです♪

「豊かな生活をしたい」ではなく「豊かに生活している」と考える ためには、今ある豊かさを見直して是非それを感じてみてください。なぜ「感謝の気持ち」が良い未来を引き寄せるのか?
それは今ある豊かさに心をフォーカスさせる感情だからです。
そして「自分は豊かである」と心から言えることが出来れば豊かさはすぐ目の前にあります♪

是非これをしてください
『生活が豊かになったら是非やりたい』と思って後回しに していたことの中から今現在でも出来ることを何かはじめてみてください♪

良い言葉、望む何かを口に出すときは現在進行形か過去形で♪
それを心から口に出せるようにしましょう♪

言葉と行動が結びつくと具現化はより力を増します。
想い 言葉 行い によって、是非より良い自分を目指してください♪



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング