人生の苦境は人間を大きく成長させます。

この話は、第4話の恐怖についての説明から続けて読んでいただけると わかりやすいと思います♪

よくつらい思いを経験した人は強い、などと言われたりすることがありますが、例外を除いて、多くの場合これは正しい認識であると言えると思います。

人は未知のものを恐れます。
知ることで恐怖をコントロール出来ます。
コントロールできれば問題を解決できます。

つまり私たちは、知っていることが多いほど、経験したことが多いほど、恐怖を持つことが少なくなり、自分をコントロールして問題を円滑に解決していくことが出来るということなのです。

■苦境でなぜ人は強くなる?
例えば貧しい暮らしを経験した人であれば、たとえ今している豊かな生活を失ったとしても、人が貧しくとも生きていけることを知っています。

精神的にどん底と思えるようなつらい出来事を経験したことのある人であれば、例え先々にまたつらい出来事が自分を襲ったとしても、あの時と比べればなんてことはないと思えるでしょう。
知っていれば苦しみを恐れなくなります。

もちろん、だれしもが上に書いたように思えるわけではありません。
というのはかつての恐怖やつらい経験から何も学んでいなければ、結局その人は

何もしらないまま

ですから、恐怖が消えるわけではありません。

これを読んでいる方で、もし今つらい時期をお過ごしなら、そこからたくさんのことを吸い上げて学んでください。
そうすることで恐怖は失せ、自分自身を強め、先々に大きな財産として今の経験を残すことが出来るでしょう。

あらゆる苦境は、人がそこから学びさえすれば大きな大きな力となります。
これは学校では教えてくれません、人生の先輩は教えてくれるかもしれませんが自分で経験しない限りは決して苦しみが与えてくれる精神的な財産を理解することはできないでしょう。

あらゆる苦しみ、挫折から学び、それを未来の力にかえましょう♪

人が苦境から抜け出せるか否かは、学びにかかっていますし、苦しい現実からはい上がった多くの人が、苦境が与えてくれる精神的な財産を口にしています。

そして今幸せに生きている人たちは、過去のつらかった出来事から学んだことをいつまでも忘れないでください。



■ランキング参加中♪

心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪


Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村
ひかり 精神世界ランキング