それが小さくとも確かに感じられます。ピラミッドパワー。

僕が小学校低学年のころ、母がピラミッドパワーに関心を持ち始めました。
今と違ってそのころはピラミッドパワーと人に言っても 「なにそれ?」って時代でした(笑)
手先の器用な母はボール紙とテープで30センチのピラミッドを作りました。
そして様々な実験をするのです。

■ボール紙とテープの試作1号
中に食べ物を入れてみた:腐らずカビず綺麗に干からびた。
テーブルの下に置いてみた:ピラミッドの頂上の真上だけ熱くなってた
体の悪いところを当てた:傷みが和らいだ、治るのが早かった。
最後には、このボール紙のピラミッドはやがでひしゃげて壊れてしまいました。

■ボール紙とテープの試作2号
それから数ヶ月後だったと思います。
母がまた新しくボール紙のピラミッドを作りました(笑)
今度は1メートルサイズです!(笑)
これは普段、押し入れのなかにしまわれていていました。
ちなみにこのピラミッドが体験談の最初に書いてあった僕がおでこを当てたピラミッドです(笑)
僕から2段ベッドを取り上げベットの下段にピラミッドを置き、上段に母が寝るようになりました。
母はとてもハードな仕事をしてたのですが、このピラミッドパワーでにずいぶん身体は助けられたそうです。
この1メートルサイズのボール紙ピラミッドはリニューアルを含めて2回制作されまいたがいずれも30センチピラミッドより早く潰(つぶ)れてしまいます。このつぶれ方というのが面白くて、どんなに頑固にテープで補強しても、カラカラな感じになってひしゃげて、とても普通の壊れ方ではないのです。
ボール紙とテープで作られたピラミッドでは集積されるパワーに負けてしまうのだと思いました。

■ステンレス2メートルの試作4号
トヨタさんもピラミッドは色々作ったらしいです。
2メートルのステンレス性がもっとも良かったらしいです。
そのことを聞いて知ってた母と自分は瞑想歴が3年ぐらいに達したある日、ステンレスパイプを使ったピラミッドを作ることを計画します。
パイプの中を頑丈なヒモを通して2メートルピラミッドは完成します。
中に入るととても強いエネルギーで体や頭がグワングワンしました。
その日の夜さっそく僕がその中に布団を敷いて寝てみましたが、エネルギーが多すぎて落ち着かず、また心地よい感じの軽い興奮状態になり、ちっとも寝付けなかったのです。

母はそのころもハードな仕事と父とのかかわりでマイナスエネルギーの汚染を受けることが多く、ピラミッドの中で寝たらぐっすり眠れ体も楽になったとのことでした。当時の母はだいぶハードに生きていたので毎日ピラミッドの中で寝るように提案しました。

ピラミッドですが、これを真似たもので1.8メートルピラミッドを兄は部屋に持ってます。
身体の回復や、否定的なエネルギーから身を守るためです。
ピラミッドの中には父の生き霊は入って来れませんでした。
父はこのピラミッドをなぜかとても怖がったのです。

悪霊もこの中に入りたがりません、救われたい普通の霊は入ってきます。

ピラミッドのエネルギー 六芒星のエネルギー 創造(神)のエネルギー強さの違いはあれどこれらは同種のエネルギーのように感じます。



■ランキング参加中♪
心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪

Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif にほんブログ村
ひかり 精神世界ランキング