ある日友人に呪われていた事に気づいた

高校時代、共に絵でしのぎを削った友人が居た。
そいつは長い休みになると僕の家に泊まりに来ては何日も一緒に絵を描いた。
美術高校なのに美術部がなかったから僕が美術部を作った。
そのときもそいつは一緒に手伝ってくれた。
トップクラスの画力を持つ僕とそいつは『双璧』と呼ばれるほどに抜きんでていた。
(ごめんなさい、双璧という異名は僕が自分で後輩に広めさせました(笑))

美術高校で3年間同級生だったそいつは、専門学校で東京に上京したときもずっと同じような関係だった。
僕は漫画家を目指し集英社の担当編集に見てもらってたころ、そいつはキャラクターデザイナーを目指して就職活動をしていた。
絵だけがすべての目標と思えた若き日の僕と親友でした。

やがて僕はトヨタさんと出会い、絵や作品による社会的な成功「富」「名誉」「権力」などよりも、霊的なことに価値を見いだす生き方にと変わっていった。

僕がパソコンを買ったのは27歳のころ、その親友もパソコンを購入し、東京と静岡と離れて暮らしていても、メールやメッセンジャーなどで容易にコミニュケーションが取れるようになった。
(このころは携帯はまともに普及してなかったので家電の遠距離通話はお金がかかった)

しかしそれが二人の友情に決定的にヒビを入れる結果になった。
僕宛に次々と送られてくるメッセンジャーのメッセージ。メッセを落とせば今度はまるで、日記のような長いメールが毎日届く。
魔境にさしかかってた僕にはメッセンジャーで、そいつの都会の寂しさを慰める時間がなかったから。

「僕に依存するな」

僕が言った言葉はその親友の心を想像以上に打ち砕いてしまったようだった。

後日からたびたび親友の僕に対する否定的な念が送られてくる。
彼は時折夢の中で僕を罵倒した。
「呪い」と言うのは大げさかもしれないが、ひどいときには悪霊に取り憑かれたときのような吐き気に襲われた。

人の日常の思いでもとりわけ強い念はこのように人に強い影響を与えてるのだなと知った出来事でした。
なぜならば、そいつは霊能力なんてない普通の人間だったからです。
きっと僕だからこんなに分かったんだと思いました。
きっと世間一般の人々は互いに悪い念で足を引っ張り合っててもそれに生涯気づくことさえない場合もあるのだ、そう思いました。

昔も今も思うことは、夢は本当に貴重な情報を沢山含んでいます。
夢はだれでも毎日機会が訪れる、最も日常的な心霊体験なんです。
もし夢の中で友人が否定的な行動や言葉を向けてきたなら現実でも注意深く観察してみてください。
それ以外のことでも、現実の環境を映し出す様々な要素を夢は含んでいます。

呪いのような念がひとしきり終わり、連絡が途絶えた数年後。
そいつは僕の夢の中に普通に現れます。
きっと彼の中の蟠りは消え、否定的な意識を持たないですむようになったのだと思いました。

2009年 3月 追記
この友人とは、現実世界では縁が切れましたが、夢の中やアストラル界においては何度か会って話をしました。
お互い今の住所や連絡先を知っているわけでは無いので、現実ではもう会うことも無いでしょうが、夢を叶えて、どうか健康で幸福に生きていてくれたらと心から願っています。



■ランキング参加中♪

心を清めて愛を持って生きるに賛同してくれる人はポチッと♪


Banner_P1.gif 人気ブログランキングへ
Banner_N1.gif ブログ村
ひかり 精神世界ランキング